3月18日:水素燃料電池車MIRAI納車式・試乗会を開催

 温室効果ガス削減の取り組みとして公用車に導入する、水素燃料電池車「トヨタMIRAI」の納車式と試乗会を3月25日(水)に市役所で開催する。

 市内には、商用水素ステーションとして運用を開始したガソリンスタンド一体型水素ステーション(ENEOSサービスステーション Dr.Drive海老名中央店)があり、水素の供給拠点がある地域から水素燃料電池車を広く普及させるために導入を決定した。水素燃料電池車の公用車導入は神奈川県、横浜市(いずれも3月5日)に続き、県内3番目となる。

※水素燃料電池車…
走行時に燃料の燃焼行為がなく水しか排出しないことから究極のエコカーといわれており、走行距離もガソリン車並みで、優れた次世代自動車として期待されている。


1 納車式
 日時:3月25日(水)10時45分~11時15分
 会場:市役所南側エントランス付近(雨天時は東側エントランス)
※納車式後、試乗もできます。同乗・運転いずれも可。運転をご希望の場合は免許証をご持参ください。

2 その他
(1)導入期間
   3月23日~平成34年3月22日
(2)導入方法
   7年間の車両リース契約
(3)導入費用(契約金額)
   657万7,200円(月額7万8,300円)


◎この件に関するお問い合わせ
 海老名市 経済環境部 環境みどり課 電話046・235・4912(直通) 


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)