肝炎ウイルス検診のお知らせ

肝炎ウイルスは、感染していても自覚症状がないことが多く、感染した状態を放置すると肝硬変、肝がんに進行する場合があります。治療をすることで病気の進行を防ぐことができ、完治が期待できるようにもなっています。
肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、簡単な血液検査でわかります。早期発見のため、検診を受けましょう。

対象となる方
海老名市に住所を有する40歳以上の方(昭和53年3月31日以前に生まれた方)で、過去に市が実施する肝炎ウイルス検診を受診していない方

受診者負担金
1,100円
ただし、70歳以上の方(昭和23年3月31日以前に生まれた方)は無料となります。
また、次に該当する方は、無料で受診できます。
(1)65歳以上70歳未満で身体に障がいをお持ちの方(身体障がい者手帳3級以上)
(2)生活保護を受けている方
(3)市民税非課税世帯に属する方(世帯すべての方が非課税)
※ (1)~(3)に該当する方は検診受診時にそのことを証明するものを提示してください
  (身体障がい者手帳・生活保護受給証・海老名市検診等無料受診証

実施期間
平成29年4月1日から平成30年3月31日まで、ただし委託先医療機関の休診日を除く

検診内容
(1)B型肝炎ウイルス検査(HBs抗原検査)
(2)C型肝炎ウイルス検査(HCV抗体検査)
 
実施医療機関
下記ダウンロードよりご確認してください 
 
肝炎ウイルス検診の個別勧奨通知
下表の対象年齢で、過去に肝炎ウイルス検診を受診していない方に勧奨通知を送付します。この勧奨通知を医療機関で提示すると無料で受診できますので、ぜひご利用ください。勧奨通知の送付は、5月末ごろを予定しています。
年齢 生年月日
40歳 昭和52年(1977)4月1日~昭和53年(1978)3月31日
45歳 昭和47年(1972)4月1日~昭和48年(1973)3月31日
50歳 昭和42年(1967)4月1日~昭和43年(1968)3月31日
55歳 昭和37年(1962)4月1日~昭和38年(1963)3月31日
 60歳   昭和32年(1957)4月1日~昭和33年(1958)3月31日 
65歳 昭和27年(1952)4月1日~昭和28年(1953)3月31日

 


ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課
Tel (直通)046-235-7880 Fax (専用)046-235-7980

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)