催し会場等における火災予防対策について

1 海老名市火災予防条例の一部を改正しました 
 
平成25年8月15日、京都府福知山市で行われた花火大会において、死者3名、負傷者56名という甚大な被害を踏まえ、市内において開催される祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際し、市民の皆様が安心して参加していただけるよう予防条例を改正したものです。

2 露店等の開設届出書の届出 
 対象火気器具を使用する祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して露店等を開設する場合は、『露店等の開設届出』を開設する日の3日前までに消防長に届け出ることになります。
 なお、複数の露店等を開設する場合は、露店等を統括する方がまとめて届け出てください。

※ 近親者によるバーベキューなど、相互に面識がある者が参加する催しは対象外になります。

※ 露店等の開設届出について詳細は、消防本部予防課に問合せください。

3 屋外催しの防火管理 
 屋外における大規模な催しのうち、露店等の数が100店舗以上の場合は、「指定催し」に指定します。
指定を受けた催しの主催者は、防火担当者を定め、「火災予防上必要な業務に関する計画」を作成するとともに、当該計画に従って火災予防上必要な業務を行なうことになります。
 また、原則として開催する日の14日前までに当該計画を消防長に提出することになります。
「火災予防上必要な業務に関する計画」を提出しない場合は罰則の規定があります。

大規模な催しの予定がある場合は、事前に消防本部予防課に問合せください。

4 施行日  

 平成27年4月1日


 


ダウンロード

お問い合わせ

消防本部 予防課
Tel 046-231-0948審査係/0968査察係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)