平成29年度                                                                                      成人用肺炎球菌予防接種(定期接種)・高齢者肺炎球菌予防接種(任意接種)

★肺炎球菌ワクチンは高齢者の肺炎等の発症や重症化を予防するものです★

高齢者の肺炎の原因となる病原体の中でもっとも頻度の高い「肺炎球菌」による肺炎を予防する予防接種です。また、感染してしまった場合にもその重症化を防ぎます。(すべての肺炎を予防するものではありません。)                                                                          副反応としては、局所の疼痛、熱感、腫脹、発赤が5%以上認められます。また、筋肉痛、倦怠感、違和感、悪寒、頭痛、発熱もみられることがありますが、いずれも軽度で2~3日で消失します。

※過去に肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)を接種したことのある方は、定期接種、任意接種とも対象外です。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ※指定実施医療機関で受診してください。(指定実施医療機関以外で接種した場合は、全額自己負担になります。)

予防接種当日、海老名市に住民登録がある方
対象者
定期接種
任意接種
1)65歳の方(〈別表1〉参照)                                                                                     ※ただし、平成30年3月31日までは、〈別表1〉の方も対象
2)60歳以上65歳未満でヒト免疫不全・心臓・腎臓・呼吸器の疾患で身体障害者手帳1級に該当する方 
 
〈別表1〉年度で対象者の生年月日は変わります
年齢
生年月日
65歳
昭和27年4月2日~昭和28年4月1日
70歳
昭和22年4月2日~昭和23年4月1日
75歳
昭和17年4月2日~昭和18年4月1日
80歳
昭和12年4月2日~昭和13年4月1日
85歳
昭和 7年4月2日~昭和 8年4月1日
90歳
昭和 2年4月2日~昭和 3年4月1日
95歳
大正11年4月2日~大正12年4月1日
100歳
大正 6年4月2日~大正 7年4月1日
※65歳以外の方は平成30年度までの経過措置です。
65歳以上の方で成人用肺炎球菌予防接種(定期接種)対象外の方
自己
負担額
 
3,000円
 
 定期のみ、対象年齢内で生活保護受給者・非課税世帯の方は
  接種料金が免除になります。接種時に生活保護受給証、検診
  等無料受診証を提示してください。検診等無料受診証をお持
  ちでない方は、保健相談センターへご連絡ください。
 
3,000円
申込み
方法
海老名市保健相談センター(健康づくり課)へ電話又は窓口でお申込みください。                                                                                                                                                                                                      お申込み後に「説明書」、「実施指定医療機関一覧」、「予診票」を送付いたします。
「説明書」をよくお読みになり、委託医療機関にご予約のうえ「予診票」を持参し接種を受けてください。                                                                                                                                                             
接種
回数
1回
(海老名市の一部負担のもとに接種できるのは、生涯1回のみ)
実施
期間
平成29年4月1日から平成30年3月31日

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
   
〇その他〇
任意接種と定期接種は同じワクチン(ポリサッカライド)を使用しています。

・老人施設等へ入所のためやむを得ない事情により実施指定医療機関以外で接種を受けることを希望する方は、助成制度があります。事前に申請が必要になりますので、接種を受ける前にご相談ください。事前の申請がない場合は、すべて自己負担となります。 

・この予防接種には、定期接種と任意接種があります。効果や副反応、健康被害救済制度などをよく理解し、かかりつけ医師にご相談のうえ、接種するかどうか検討してください。

・70歳から100歳までの5歳刻みの対象の方は、特例制度の年齢のため、今年度以降、定期接種になることはありません。(平成29年度以前に定期接種対象者の方も同様です。)

★定期接種と任意接種について★

定期接種・・・予防接種法に基づいて、市町村の責任において行われる予防接種
        
〇対象予防接種の種類、接種年齢も決まっています。
        〇対象年齢をはずれて、接種されたものは、定期接種とはみなされません。                                             任意接種・・・予防接種法に基づかない予防接種
       
〇接種するかどうかは、接種を受ける側に任されています。

※定期接種と任意接種では、予防接種を受けた方に健康被害(重大な障がいや命にかかわるような被害)が生じた場合の救済制度が異なります。

健康被害救済制度(定期接種):厚生労働省ホームページ

健康被害救済制度(任意接種):独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ

 

平成29年3月31日以前に高齢者肺炎球菌予防接種のお申し込みをされて、まだ予防接種をされていない方は、海老名市保健相談センターへご連絡ください。(定期接種になる場合があります。)

高齢者の肺炎球菌(厚生労働省ホームページ)

 


関連情報

ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課
Tel (直通)046-235-7880 Fax (専用)046-235-7980

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)