社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

 ■マイナンバーとは


 マイナンバー制度は、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)です。 

■マイナンバーカードの交付申請をされている方へ。


 ・現在、マイナンバーカードの交付申請をされてからカードの受取りまでに2ヶ月程度の期間を要しています。交付申請書を提出された方で、2ヶ月以上経過しても交付通知書が届かない場合は、申請が受理されていないことが考えられますので、23桁の申請書ID番号をご用意の上【マイナンバーコールセンター(0120‐95‐0178 通話料無料)】までへお問い合わせください。

 ・マイナンバーカードの交付通知書を送付した方のうち、約1,600名の方が受取りに来られていない状況のため、来庁者が集中した際には長時間お待ちいただくことがあります。

 ・マイナンバーカードの交付申請された方が、カードを受取る前に他の市町村に転出される場合は、海老名市での交付申請は取り消されてしまい、新住所地に転入届をされた後に改めて交付申請を行う必要があります。

※大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解をよろしくお願い致します。

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付状況について


通知カード・個人番号カード・住民基本台帳カードについて

 

■制度に関するお問い合わせ先(コールセンター)


 マイナンバー制度に関して、ご不明な点は各コールセンターへお問い合わせください。

 国では、マイナンバー制度に関する相談窓口としてコールセンターを開設し、幅広いご相談を受け付けています。
 

【マイナンバーコールセンター】
・マイナンバー制度全般、事業主対応、法人番号等に関する内容

・通知カードの発送や個人番号カードの申請に関すること

 [日本語] 0120-95-0178 〈フリーダイヤル〉
 [外国語] 0120-0178-26 〈フリーダイヤル〉(マイナンバー制度に関すること)
           0120-0178-27 〈フリーダイヤル〉(「通知カード」「個人番号カード」に関すること)

  ※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語で案内をしています。

  開設時間(年末年始を除く)
  平日   午
前9時30分~午後8時00分
  土日祝日 午前9時30分~午後5時30分

 
■マイナンバーの最新情報


 最新情報は、内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」をご覧ください。

  内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」

 よくあるお問い合わせについては、以下をご覧ください。

 内閣官房「よくある質問FAQ」

 

 通知カードや個人番号カードについては以下をご覧ください。

 総務省ホームページ「マイナンバー制度と個人番号カード」

 「個人番号カード総合サイト」

 

■マイナンバーは一生使うものです。大切にしてください。


 番号が漏えいし、不正に使われる恐れがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されません。

 

■平成28年1月から 社会保障・税・災害対策の行政手続でマイナンバーが必要になります。


 ・マイナンバーは、社会保障・税・災害対策分野の中で法律で定められた行政手続にしか使えません。
 ・マイナンバーは、次のような場面で使います。(一例) 

 

riyourei

(出典:内閣官房・内閣府制作マイナンバー

 

■行政の効率化や国民の利便性向上のため、平成29年7月から 行政機関などでの情報連携が順次始まる予定です。


 「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」、「公平・公正な社会の実現」の3つのメリットを実現するため、行政機関などでの情報連携は、マイナンバーの利用開始から1年半後に順次始まる予定です。

 

■個人情報保護対策


 マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の行政手続で行政機関などに提供する場合を除き、他人に提供することはできません。また、他人のマイナンバーを不正に入手することは、処罰の対象となります。
 その他、市がマイナンバーを含む個人情報を保有・利用する際は、利用方法やリスク対策などについて、特定個人情報保護評価を実施します。

 mainachann

 

 


関連情報

お問い合わせ

財務部 企画財政課
Tel (直通)046-235-4634政策経営係/8453財政係

>>お問い合わせフォーム