社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

■マイナンバー制度とは ■マイナンバーの利用場面 ■制度に関するお問い合わせ先
(マイナンバー総合フリーダイヤル)
■マイナンバーの最新情報 ■通知カード

■マイナンバーカード
(個人番号カード)

■マイナンバーカードの
交付申請中の方へ
■特定個人情報保護評価 ■独自利用事務

                                                   △トップへ

■マイナンバー制度とは


 マイナンバー制度は、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)です。

 制度については、政府広報オンライン「社会保障・税番号制度<マイナンバー>」をご覧ください。

                                                   △トップへ

■マイナンバーの利用場面


 マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体などにおいて、社会保障・税・災害対策分野の中でも、法令や地方公共団体の条例で定められた行政手続にしか使えません。雇用保険、医療保険の手続や生活保護、児童手当、その他福祉の給付、確定申告などの税の手続で申請書などにマイナンバーの記載が求められます

 また、税や社会保険の手続きを勤務先の事業主や金融機関などが個人に代わって手続きを行う場合があり、勤務先に加え、一定の取引のある金融機関にマイナンバーを提示する場合があります。

                                                   △トップへ

■制度に関するお問い合わせ先(マイナンバー総合フリーダイヤル)


 マイナンバー制度に関して、ご不明な点はマイナンバー総合フリーダイヤルへお問い合わせください。
 国では、マイナンバー制度に関する相談窓口としてマイナンバー総合フリーダイヤルを開設し、幅広いご相談を受け付けています。
 

【マイナンバー総合フリーダイヤル】

 [日本語] 0120-95-0178〈フリーダイヤル〉

●音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
 通知カード・マイナンバーカードに関するお問い合わせ 「1番」
 マイナンバー制度、マイナポータルに関するお問い合わせ「2番」
 マイナンバーカードの紛失・盗難について       「3番」

 [外国語] 0120-0178-26〈フリーダイヤル〉(マイナンバー制度、マイナポータルに関すること)

           0120-0178-27〈フリーダイヤル〉(「通知カード・マイナンバーカード」または、「紛失・盗難」に関すること)
  ※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語で案内をしています。

  開設時間(年末年始を除く)
  平日   午前9時30分~午後8時00分
  土日祝日 午前9時30分~午後5時30分
 

                                                   △トップへ

■マイナンバーの最新情報 


  最新情報は、内閣府ホームページ「社会保障・税番号制度」をご覧ください。

  内閣府ホームページ「社会保障・税番号制度」

 よくあるお問い合わせについては、以下をご覧ください。

 内閣官房「よくある質問FAQ」

  通知カードや個人番号カードについては以下をご覧ください。

 総務省ホームページ「マイナンバー制度と個人番号カード」

 「個人番号カード総合サイト」

                                                   △トップへ

■通知カード


 通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。

 券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。

 ただし、顔写真は記載されておらず、通知カードを使用してマイナンバーの確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証や旅券等の本人確認書類が必要となります。

●マイナンバーは一生使うものです。大切にしてください。

  番号が漏えいし、不正に使われる恐れがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されません。

                                                   △トップへ

■マイナンバーカード(個人番号カード)


 

 マイナンバーカードは、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付のカードです。

 マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにもご利用いただけます。

  • ・氏名
  • ・住所
  • ・生年月日
  • ・性別
  • ・マイナンバー(個人番号)
  • ・本人の顔写真

等が表示されます。

※マイナンバーカードを身分証明書として取り扱うかどうかは、最終的には各事業者側の判断となりますので、一部の事業者では利用できない場合があります。

                                                   △トップへ

■マイナンバーカードの交付申請中の方へ


   ・現在、マイナンバーカードの交付申請をされてからカードの受取りまでに2ヶ月程度の期間を要しています。交付申請書を提出された方で、2ヶ月以上経過しても交付通知書が届かない場合は、申請が受理されていないことが考えられますので、23桁の申請書ID番号をご用意の上【マイナンバー総合フリーダイヤル(0120‐95‐0178 通話料無料)】までへお問い合わせください。

 ・マイナンバーカードの交付通知書を送付した方のうち、約1,400名の方が受取りに来られていない状況のため、来庁者が集中した際には長時間お待ちいただくことがあります。

 ・マイナンバーカードの交付申請された方が、カードを受取る前に他の市町村に転出される場合は、海老名市での交付申請は取り消されてしまい、新住所地に転入届をされた後に改めて交付申請を行う必要があります。

※大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解をよろしくお願い致します。

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付状況について


通知カード・個人番号カード・住民基本台帳カードについて

                                                   △トップへ

■特定個人情報保護評価


 特定個人情報ファイルを保有しようとする又は保有する地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

「特定個人情報保護評価書の公表について」

                                                   △トップへ

 ■独自利用事務


   マイナンバーが、社会保障、税、災害対策の分野のうち、法律又は条例で定められた行政手続きのみに利用される中、社会保障、税、災害対策の分野及びこれらに類する事務で、法律にはマイナンバーを利用できる定めがないものの、市が条例で定めることにより、独自にマイナンバーを利用することを可能とする事務を独自利用事務といいます。

「市の独自利用事務について」 

 mainachann

                                                   △トップへ


お問い合わせ

財務部 企画財政課
Tel (直通)046-235-4634政策経営係/8453財政係

>>お問い合わせフォーム