入所申し込みについて

市内の保育施設を申し込む方

 
  市役所子育て支援課(1階7番窓口)で申し込みを受付けます。
  
  なお、申し込みの受け付けについては、
前々月の16日から前月の15日までですので、ご注意ください。
 
  ※ 毎月15日が土(第3は除く)・日・祝日の場合は、前開庁日が締め切りです。
 

  ※ 数か月先の入所申し込みなどの、申し込みの予約はできません。

 

 市外の保育施設を申し込む方
 

   保護者の勤務先等の理由により、市外の認可保育所や地域型保育事業を希望される場合は、市区町村により、入所できる条件や締め切り日が異なりますので、ご注意ください。

  希望される保育施設の所在市区町村の保育担当課に確認の上、事前に(先方の市区町村が指定する締め切り日の1週間程度前)、海老名市役所子育て支援課の窓口へ申込書を提出してください。
 
  ※ 第2、第3希望が市外保育施設の場合も同様です。
 
 申込書は、以下からダウンロードできるほか、市役所子育て支援課窓口及び市内認可保育所でも配布しています。
 
 

   認可保育所・地域型保育施設ともに、市内の園を希望する場合は必ずお子様と一緒に園の見学が必要です。見学の際には、事前に園に連絡の上、記入を済ませた申込書等の必要書類一式を持参してください。また、見学を済ませたら、必要書類の中の「児童の状況」に、園のサインを受けてください。サインがない場合は、申し込みの受け付けができません。なお、市外の園をご希望の場合は、サインは必要ありませんが、園の見学は済ませるようお願いします。


  見学の際、延長保育利用の状況や延長保育料、ならし保育の期間などもあわせてご確認ください。
また、見学は、入園を考えている園のみお願いします。必ず3か所見学しなくてはいけないわけではありません。

※ 新設園をご希望の場合は、見学方法が変わります。下記リンク先をご覧ください。

   申し込みに必要な書類
  
 (1) 保育所入所申込書兼支給認定(現況)申請書
 
 (2) 児童の状況
   (市内の園を希望する場合、希望する園を事前に見学し、見学済みのサインを受けてください。)
  
 (3) 保育を必要とする状況を証明する書類
※20歳以上60歳未満の祖父母等と同居している場合は、父母同様に提出が必要です。なお、住民登録の世帯構成にかかわらず、実際に同居(同じ地番に居住)している場合は、同居扱いとなります(2世帯住宅であることが概観から明らかな場合(別棟のとき、玄関が別のとき。)に限り、不要です。)
保育を必要とする事由
必要な書類
就労
就労証明書(指定様式)
 ○就労先で証明を受けるものです。
 ○雇用主が必ず記入し、社印又は代表者印の押印が必要です。
 ○自営業等により自身または親族が記入する場合は別途、地域の民生委員の調査書が必要です。就労証明書に記入後、就労証明書、調査依頼書及び就労内容のわかる書類を民生委員宅へ持参して、調査書の発行を受けてください。
 ○育児休業取得中の場合も必要です。
調査書(指定様式)
 ○農業、自営業等、就労証明書をご自身又は親族の方が記載する場合に必要です。
 ○第三者による確認として、地域の民生委員による調査を受けるための書類です。
 ○民生委員については、子育て支援課でご紹介します。
 ※その他状況に応じて、自営の内容を確認するための書類を、別にお願いする場合があります。
妊娠・出産
母子手帳の写し
 ○母親の氏名、出産予定日が記載されている箇所
※ この要件で入所されたときは、産後8週間経過した日の月末をもって退所となります。引き続き育休を取得し、継続して入所することはできません。
疾病・障がい
診断書(指定様式)又は障がい者手帳の写し
 ○専門機関の判定書でも可
 ※その他状況に応じて必要とする書類を、別にお願いする場合があります。
介護・看護
介護・看護の状況を記した申立書(指定様式)
診断書(指定様式)又は障がい者手帳の写し
 ○専門機関の判定書でも可
 ※その他状況に応じて必要とされる書類を、別にお願いする場合があります。
災害復旧
罹災証明書等
 ※必要な書類については、子育て支援課にご相談ください。
求職活動
特に不要
 ※入所後は、就労証明書が必要です。
就学・職業訓練
在学証明書又は学生証の写し
時間割の写し
 ※その他状況に応じて必要とする書類を、別にお願いする場合があります。

 (4) 保育料の算定に必要な資料

  平成27年度から、保育料は保護者(基本的には父母)の市民税額を基に算定します。海老名市に住民登録がある方は、市で課税額を確認させていただくため、書類は不要です。
  転入された方、単身赴任中の方など、保護者の状況に応じ、課税証明書等、市町村民税額がわかる書類の提出が必要となる場合があります。詳細は、お問い合わせください。
 
 ※ 税額変更があった場合は、最新のものが必要です。
 ※ 児童手当等の手続きですでに市に提出されている場合は、省略できる場合がありますので、お問い合わせください。
 
 
◆希望する保育園について
  ご希望は、同時に3園まで可能です。通園可能かどうか、園の保育内容・方針を踏まえ、お子さまを預けられるかどうかを判断し、希望園を決めてください。
  なお、必ず3園希望しなければいけないわけではありませんので、入所が決定したら通園する園のみ希望してください。
 
 
【注意】
○ 入所後も所得が確認できる資料((4))の提出がない場合は、保育料が最高階層にて決定されますのでご承知おきください。(4)の資料提出後、改めて保育料を算定いたします。
○ 就労予定や求職活動のために入所した場合は、原則入所後1か月以内に就労し、就労証明書を提出してください。
○ 入所選考の際に提出された勤務条件と異なる条件で勤務を開始されたとき(選考に係る指数が低くなるとき)は、入所決定を取り消しますので、ご注意ください。
○ 育児休業取得者が新規に入所した場合は、入所後翌月の14日までに復帰し、育児休業等職場復帰証明書を提出してください。復帰されないときは、退所となります。
○ 育児休業の延長のために保育所入所申込をしたい方は、申し込みの際にお申し出ください。一部の書類が省略できます。
○ 4月入所の場合の支給認定については、申し込みが集中し、審査に時間を要することから、通知が遅れる場合があります。

関連情報

ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 子育て支援課
Tel (直通)046-235-4823医療・手当係/235-4824保育・幼稚園係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)