6月3日:保育園給食への異物混入

 6月2日、門沢橋保育園で保育園給食に異物混入があった。これは、給食を食べようとした園児(5歳児・男)が発見したもの。
 現在までに、園児への体調異変などの報告は受けていない。

1 日時
 6月2日、11時40分頃

2 場所
 門沢橋保育園保育室(門沢橋2-22-7)

3 概要
 市内業者から納入された鶏もも肉を保育園で調理した「トリ肉のみそ焼き」の中にばんそうこうが
混入していることを、食べようとした園児が発見。
 異物が入っていた「トリ肉のみそ焼き」は、皿ごと回収し、おかわり分として用意していたものを
別の皿に盛り付けて当該園児に提供した。
 なお、保護者全員に対し、保育園給食への異物混入の謝罪と説明を行った。

4 給食を食した園児数
 61人

5 原因
 ばんそうこうは、鶏肉の納入業者の調理員が左手の人差指に使用していたものが剥がれて
混入した。
 保育園では、調理師がゴム手袋を使用して調理することになっているが、食材検品時に混入
した異物を発見できなかった。

6 再発防止策
食材を検品する際は、複数の職員で異物混入がないか確認を行う。
また、納入業者に対しては、食材を扱う際には手袋の着用を徹底するよう指導していく。


◎この件に関する問い合わせ
  保健福祉部 子育て支援課 電話046・235・4824(直通)


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)