2月28日:学校給食への異物混入に関する調査結果

 市立東柏ケ谷小学校で、2月26日、学校給食に異物が混入した件について、以下の通り、その後の状況と原因調査を実施した。

1 その後の状況
○ 児童の健康被害について
 「健康被害はありません」
・2月26日の午後に全保護者に異物混入があったことを連絡。子どもたちが不調を訴えた場合の病院受診と市への連絡をお願いした。
・消防本部救急隊に事案を連絡し、対応できる体制を整えた。
・医師会を通じて市内の各病院や近隣の小児科に事案を連絡。2月28日正午時点での被害報告はない。

2 原因調査の結果
○ 調理場の器具について
 調理場の器具を点検し、破損個所がないことを確認。また、器具を清掃し、異物が付着していないことを確認した。

○ 食材について
 米の納入業者から、納入前に精米機を金属ブラシで清掃した際、ブラシの一部が取れて混入してしまった可能性が高いとの報告を受けた。
 市でも、当該業者から提出されたブラシと混入物を照合し、類似性が高いことを確認した。

3 対応
 当該納入業者に注意し、改善を依頼するとともに、他の納入業者にも食材の安全確認の徹底を指示した。
 また、調理室における食材の検収作業の見直しを行い、今まで以上に細かいチェック方法への改善を図っていく。
 

 

◎この件に関する問い合わせ
  海老名市教育部 学校教育課 電話 046・ 235・4921 (直通)


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)