8月31日:市職員の非常参集訓練を実施

 9月1日(日)午前6時30分より市職員の非常参集訓練を実施する。

 これは、閉庁時に災害が発生した場合の市の初動対応体制を確実なものとするため、休日における職員の参集状況を確認するとともに、職員の危機意識の高揚を図ることを目的としている。

 当日は、6時30分に対象職員393名に対して、「職員緊急連絡メール」を配信し、職員は、市役所本庁舎に参集する。


1.想定地震
  神縄・国府津-松田断層帯のその海域延長部を震源とする地震で、震度6弱を観測

2.対象職員
  市本庁舎勤務者、保健相談センター勤務者及び消防本部毎日勤務者  393名
 ※避難所担当班職員、旅行中の者、特別・病気休暇者等は除く。

3.参集方法
  原則として徒歩、自転車またはバイクとする。
  鉄道利用者は、海老名駅及び厚木駅以外の駅から徒歩で参集する。なお、バス利用者は、海老名市内の最初のバス停から徒歩で参集することとする。

4.訓練時間
  職員緊急連絡メールの受信時間から午前10時までとする。

5.結果報告
  参集訓練の実施結果については、改めて報告いたします。
  
◎この件に関するお問い合わせ
海老名市 市長室 危機管理課 電話046・235・4790(直通)


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)