海老名市開発指導要綱の改正について

◆平成27年5月1日より、海老名市開発指導要綱の一部を改正します
 
市では、良好な都市環境の向上を図るため、建築を目的とする土地利用に関して、道路、下水道及び公園などの公共施設整備に関する基準などを海老名市開発指導要綱として定めています。
 このたび、単身者用住宅を建築する際のごみ集積所設置基準の新設等、開発指導要綱の一部を改正します。主な改正内容及び施行予定日は次のとおりです。
 なお、改正後の開発指導要綱、開発指導要綱細則及び手引書については、内容が確定しだい、ホームページに掲載します。
 
●主な改正内容
 
1 開発行為等に伴う住戸面積水準の更新(第13条)
 住戸の規模に関する基準については、住生活基本法に基づく住生活基本計画(平成23年3月15日に閣議決定)において、居住面積水準が定められていることから、昭和60年6月12日付け住宅宅地審議会の答申に基づく基準より変更します 
 
2 県の指導基準等の遵守に関する条文の修正(第14条)
 遵守するべき県の指導基準等の中で特定の基準等を列記することは、それ以外の基準等に適合させる必要がない等の誤解を生じる可能性があるため、包括的に遵守が必要との解釈がされるように改正します。
 
3 単身者用住宅を建築する際のごみ集積所設置基準の新設(第48条)
 近隣住民とのトラブルに発展する可能性が高い単身者用住宅のごみ集積所について、良好なごみ集積所の環境を確保するため、新たな基準(参考資料)を追加します。
 
4 その他文言の修正(第26条の2(公園等の提供)等)
 
 
●施行予定日  平成27年5月1日 
 
※ 改正される開発指導要綱の適用は、平成27年5月1日以降に市に基本計画書を提出した案件となります。
 
 
      ◆◆お問い合わせ◆◆
 
      海老名市役所 まちづくり部 都市計画課 開発指導係
 
      電話 046-235-9392(直通)

 

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)