5月27日:安全・安心なまちづくりのために~海老名市型防犯緊急通報装置で通報訓練を実施~

 海老名市型防犯緊急通報装置の運用開始に伴い、児童による模擬通報訓練を5月24日と27日、市内5つの小学校で行った。
 同装置は、今回運用を開始する5基を含めて市内で13基設置されており、今年度中にさらに2カ所の設置を予定している。

 同装置は、人口集中に伴い予想される街頭犯罪発生件数の増加に対応し、地域の犯罪発生の抑止力の強化や安全で安心なまちづくりをすすめることを目的として設置したもの。

【海老名市型防犯緊急通報装置】
 防犯カメラ、サイレン、赤色回転灯を備えた110番通報装置。緊急時にボタンを押すことで、直接110番が可能。設置場所により、「ポール型」と「箱型」に分かれる。 

◎この件に関する問い合わせ
海老名市市民協働部 地域自治推進課(電話046・235・4789)


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)