3月29日:いじめ裁判和解について

 海老名市は横浜地方裁判所からの勧告を受け、3月29日和解を行いました。
 これは、中学校在学時のいじめが原因で転校を余儀なくされたとして、県内の男性および両親から市・県らが提訴された事案です。
 なお、和解に伴う和解金400万円の支払いは市議会3月議会最終日の25日に全会一致で可決されています。

○事件概要
1 事  件  名  横浜地方裁判所平成24年(ワ)第1421号損害賠償等請求事件
2 訴状受理  平成24年4月25日
3 事件内容  海老名市立海老名中学校におけるいじめ問題
4 原   告  市外男性ほか2名(いじめを受けたとする男子生徒及びその保護者)
5 被   告  海老名市、神奈川県、
          市内9家族(原告生徒のクラス男子同級生及びその保護者)

 本件に関して、市長、教育委員会のコメントを発表します。

◎この件に関するお問い合わせ
海老名市教育委員会 教育部 教育総務課 電話046・235・4916(直通)


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)