3月27日:海老名駅自由通路整備工事の安全を祈願~東西一体のまちづくりへ向けて~

 3月27日(水)、海老名駅自由通路整備(駅間部)工事の起工式が海老名市上郷の工事ヤード内で開催された。起工式は、鉄建・庭司苑特定建設工事共同企業体(JV)主催で行われ、工事関係者や海老名市など約50名が参加し、同工事の安全祈願を行った。

 起工式では、竹ノ内一(はじめ)・鉄建建設(株)横浜支店長が「無事故・無災害で工事を実施したい」とあいさつしたほか、内野優・海老名市長が「自由通路は、海老名駅の東口と西口を結ぶ大きな橋となる。平成27年のまち開きに間に合うように工事を進めていきたい」とあいさつした。

 同自由通路は、平成27年3月に完成予定で、現在使用している通路に隣接して新しく整備される。幅員が12mに広がり、動く歩道やミストシャワーが設置されるほか、蓄電池付太陽光発電システムやLED照明の採用など、環境や防災面にも配慮した設計となっている。
 

◎この件に関するお問い合わせ
海老名市 まちづくり部 駅周周辺対策課 電話046・235・9676(直通) 


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)