3月4日:乳幼児の所在確認について

 市では、大阪市で起きた児童手当詐欺事件を受けて、乳幼児の所在確認状況をまとめた。
 乳幼児の所在は、対象年齢ごとに行っている各種健診を受診しているかどうかで確認し、育児支援や虐待予防などの事業に繋げている。未受診者には手紙を送り、返信や連絡がなかった家庭には、それぞれの地区を担当する保健師が電話や戸別訪問を行い、所在確認に努めている。

○所在確認状況(平成24年4月~25年1月に実施した健康診査による状況)
 1 4か月児健康診査(対象911人)
   …未受診47人
 ⇒転出等が確認できた家庭を除いて手紙を郵送。その後、受診・連絡がなかった家庭に、電話・戸別訪問を実施した結果、現在1人と連絡がつかない状況。

 2 3歳6か月児健康診査(対象1,000人)
  …未受診89人
 ⇒転出等が確認できた家庭を除いて手紙を郵送。その後、受診・連絡がなかった家庭に、電話・戸別訪問・保育園への在籍などにより確認した結果、現在4人と連絡がつかない状況。

 連絡が取れない家庭については、地区担当保健師が、現在も定期的に戸別訪問等を継続実施中。

○この件に関する問い合わせ
 海老名市 保健福祉部 健康づくり課 粟野(あわの) 電話046・235・7880


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)