1月22日:市立障がい者2施設に現金入り封筒が投函

 1月21日(月)、市内の障がい者就労支援施設「海老名市障害者第3デイサービスセンター(通称“あきば”、上今泉6-11-15)」で、郵便受けに現金入りの封筒が投函されているのを同センター職員が発見した。
 投函されていたのは、現金20万円。封筒には「あきば」と宛て先が書かれていて、19日(土)の消印があった。差出人の氏名等がなかったため、無記名の寄付として取り扱う。
なお、同センターにはこれまでにも3回の現金投函があった(平成23年8月31日=12万円、平成23年9月5日=50万円、平成23年12月12日=10万円)。

 なお、1月12日(土)には海老名市立わかば会館(中新田383-1)でも現金入りの封筒が投函された。こちらには、宛て先・差出人などの記載がなかったことから、拾得物として取り扱い、海老名警察署へ届け出た。
 こちらの施設もこれまで3回の現金投函があった(平成23年10月31日=10万円、平成24年2月22日=30万円、平成24年11月1日=10万円)。


○この件に関する問い合わせ
 海老名市保健福祉部 障がい福祉課・篠原  電話046・235・4813
 あきばデイサービスセンター・池下         電話046・232・3893
 海老名市立わかば会館・松岡           電話046・235・2700


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)