10月26日:中日本株式会社高速道路から感謝状

 10月26日(金)、市役所で中日本高速道路(株)東京支社(東京都港区)からの事業協力表彰が行われた。
 これは今年7月、同社が運営する海老名サービスエリア「EXPASA海老名」前に、市コミュニティバスのバス停を新設したことにより同施設の利便性向上に貢献したことが評価されたもの。

 表彰には、同社・奥脇郁夫(おくわき・いくお)支社長らが出席。内野優・海老名市長に感謝状が手渡された。
 内野市長は「海老名市にとって、知名度の高いサービスエリアは大変重要なものだと思っている。今後も積極的にバックアップしていくとともに、防災面などでも連携を図っていきたい」と述べた。

○参考:市コミュニティバス大谷・杉久保ルート乗車人数について
 バス停新設前
  平成24年6月…延べ5,133人 / 1日平均171.1人
 バス停新設(平成24年7月1日)後
  平成24年7月…延べ6,028人 / 1日平均194.5人
  平成24年8月…延べ6,105人 / 1日平均196.9人
  平成24年9月…延べ5,689人 / 1日平均189.6人
       
◎この件に関するお問い合わせ
 海老名市 まちづくり部 駅周辺対策課 電話046・235・9676(直通)


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)