外国人住民制度について

 ~平成24年7月9日から外国人住民の制度が新しくなりました~


新しい制度の対象となる外国人住民

・在留期間が中長期にわたる方 … 在留資格が「永住者」「日本人の配偶者等」「技術」などの方
 ※在留資格がない方や「短期滞在」の、在留期間が3ケ月以下の方は対象にはなりません。

・特別永住者

・出生などによる経過滞在者

・一時庇護許可者または仮滞在許可者

 

「外国人登録証明書」が「在留カード」または「特別永住者証明書」に切り替わります

 新しい制度の導入に伴って、これまでの「外国人登録証明書」は「在留カード」または「特別永住者証明書」に切り替わります。
新しい制度の対象となる外国人住民の方は、切替手続きが必要となりますが、現在お持ちの「外国人登録証明書」は一定期間、「在留カード」または「特別永住者証明書」とみなされます。
 有効期限は下表のとおりとなりますので、期限内に「中長期滞在者(特別永住者以外)」の方はお近くの「地方入国管理局」で、「特別永住者」の方は市役所で手続きを行ってください。

【外国人登録証明書の有効期限と手続き先】

対象区分   有効期限 手続き先





永住者 16歳以上  平成27(2015)年7月8日まで  お近くの
地方入国管理局
16歳未満  平成27(2015)年7月8日または
 16歳の誕生日のいずれか早い日まで
永住者以外
の在留資格
16歳以上   在留期間の満了日
16歳未満   在留期間の満了日または
 16歳の誕生日のいずれか早い日まで
特別永住者  16歳以上   「次回確認(切替)申請日」または
 平成27(2015)年7月8日のいずれか遅い日まで
 市役所
窓口サービス課
16歳未満   16歳の誕生日まで

 ※市役所から有効期限のお知らせは送付しませんのでご注意ください。

 

「特別永住者証明書」の切替・再交付の手続きについて

 切替の場合、原則有効期限の2ケ月前から申請できます。

 【必要なもの】
 ・特別永住者証明書(外国人登録証明書)
 ・パスポート
 ・顔写真 1枚(縦4cm×横3cm、無帽・無背景で3ケ月以内に撮影されたもの)
  (※16歳未満の方で紛失の場合は不要)
 ・紛失の場合は、その旨を警察署に届け出た証明が必要です

 

住所異動の届出も日本人住民と同様の手続きとなります

 手続方法・必要書類はこちらをご覧ください。

 転入、転出、市内転居などに関する届出

 

  
日本人住民と同様に住民票の写しを交付します

 日本人住民と同様に、住民票の写しが交付されます。
 日本人と外国人で構成される世帯も、世帯全員が記載されます。

 住民票の受付窓口・手数料などはこちらをご覧ください。

 受付窓口はこちらです
 
手数料一覧
 
住民票の郵送請求方法


 ※外国人登録法の廃止にともない、市役所では「外国人登録原票記載事項証明書」の発行ができなくなりました。
  平成24(2012)年7月9日以前の住所や氏名などの変更履歴、上陸許可年月日などの内容については、法務省で「外国人登録原票」を保管していますので直接法務省にお問い合わせください。

 【外国人登録原票の開示請求に関する問合せ先】
  法務省大臣官房秘書課個人情報保護係 電話:03-3580-4111(内線2034)
  外国人登録原票に係る開示請求について (外部サイトへ移動します)
 


  外国人住民に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。(外部サイトへ移動します)

  総務省ホームページ 
   ・
外国人住民に係る住民基本台帳制度について 

  法務省ホームページ
   ・
新しい在留管理制度について
   ・特別永住者の制度について



 

 


お問い合わせ

市民協働部 窓口サービス課
Tel (直通)046-235-4869窓口サービス係/4870戸籍係

>>お問い合わせフォーム