電気火災にご注意

電気火災にご注意         1

 

 電化製品や電気設備は、多種、多機能になり、電気は私達の生活になくてはならないものです。しかし、電化製品などの使い方や管理を怠ると、火災の原因となることがあります。その火災の原因や注意点を挙げます。

 

1 トラッキング現象

      これは近年テレビでもよく放送され、電気火災の一例として挙げられるものです。トラッキング現象は、長時間コンセントにプラグを差し込んだままにすると、プラグとコンセントの間にほこりが溜まり、湿気を帯びるとプラグの両刃に電気が流れ、ショートして火が出る現象を言います。

 

これを防ぐポイント

(1)  プラグやコンセントはきれいに保つ。

(2)  プラグはしっかり差し込む。

(3)  傷みや緩みがあるプラグは使わないようにする。

                          2

2 たこ足配線

部屋のコンセントだけでは数が足りないことや、電化製品が一箇所に集中しているために、テーブルタップを使うことがあります。多くの電気機器をつないで使用した場合、許容量を超えてしまうと熱を持ち、それが原因で火災となることがあります。

 

これを防ぐポイント

(1) テーブルタップには合計○○○Wまでと書いてあります。使用する際は、合計のワット数を超えないようにする。

(2)   コードを束ねて使用しないようにする。

(3)   使用しないときはコンセントを抜きましょう。

 3

 

3 電気コードの短絡(ショート)

コンセントやプラグは、古いものや壊れたものを使用すると、短絡(ショート)や加熱して、そこから火が出て周りのものに燃え移り、火災となることがあります。

 

これを防ぐポイント

(1)   コードの上に家具などの重い物を置かない。

(2)   コードを継ぎ足してビニールテープで巻いて使用しない。

(3)   コードを強く曲げない。

(4)   コードをドアに挟まない。

(5)   コードを釘などで固定しない。

                                                      4

4 グロー現象

      接続箇所での緩みや接続不良から、接続部で電流の断続が起こり、微弱な電流でも異常なほどの熱を発生させ、火災の原因になります。

 

これを防ぐポイント

(1)    漏電などの保護装置では防止できないので、常に接続部等の熱の発生に注意する。

(2)    コード同士は接続しない。

(3)    コードは踏みつけない。

(4)    コードは釘などで固定しない。

(5)    コードは束ねない。

 

  以上のことを注意して火災をおこさないようにしましょう

 

                                            5


お問い合わせ

消防本部 消防署
Tel 消防署(本署)046-231-0355/北分署046-231-5510/南分署046-238-0181 Fax 消防署(本署)046-234-7541/北分署046-231-5241/南分署046-238-0629

>>お問い合わせフォーム