子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

平成25年6月14日(金曜日)に開催された平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、予防接種の副反応について専門家による分析・評価が行われました。                                                                                          その結果、予防接種法に基づく、子宮頸がん予防ワクチンの接種については、定期接種の中止ではなく、積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりました。

定期接種を希望する方は、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解したうえで接種を受けてください。


リンク

ダウンロード

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症について

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染は、特別な感染症ではなく、誰もが感染する可能性があります。HPVは皮膚や粘膜に感染するウイルスで、100種類以上の遺伝子型があり、特に発がん性が高いタイプ(16型、18型)の感染が問題となります。近年、20~40歳代の子宮頸がんは増加傾向にあります。子宮頸がんの約70%は、HPV16、18型感染が原因とされています。HPVに感染しても多くの場合、ウイルスは自然に排除されてしまいますが、ごく一部で数年~十数年かけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症します。ワクチンでHPV感染を防ぐとともに、子宮頸がん検診によって前がん病変を早期発見することで、子宮頸がんが予防できます。20歳を過ぎたら、定期的に子宮がん検診を受けましょう。


予防接種の効果と副反応について

ワクチンの中には、いくつかの種類のヒトパピローマウイルス(HPV)のウイルス成分が含まれており、予防接種を受けたお子様は、これらに対する免疫を獲得することができます。体内に免疫ができると、HPVにかかることを防ぐことができます。
副反応としては、注射部位の疼痛、発赤及び腫脹等の局所反応と、軽度の発熱、倦怠感等の全身反応がありますが、何れも一過性で数日以内に軽快します。また、極めて稀ですが、重い副反応がおこることがあります。稀に報告される重い副反応としては、アナフィラキシー様症状(ショック症状、じんましん、呼吸困難等)、ギラン・バレー症候群、血小板減少性紫斑病(紫斑、鼻出血、口腔粘膜の出血等)、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)等が報告されています。                                                     また、ワクチン接種後に注射による痛みや心因性の反応等による失神があらわれることがあります。失神による転倒を避けるため、注射後の移動の際には、なるべく保護者が付き添うようにしてください。また、接種後30分程度は体重を預けることのできる背もたれのあるソファに座るなどして様子を見るようにしてください。                                                                                                                                               心配な症状が出現した場合は、医療機関に受診してください。                                                                        


1.接種対象年齢・接種回数等
○対象年齢                                                                                                                                                                                              ・中学1年生~高校1年生に相当する年齢の女子                                                                                                                                             

○ワクチンの種類                                                                                                                        2価ワクチンと(サーバリックス)と4価ワクチン(ガーダシル)があります。使用するワクチンにより、感染予防できるウイルスの種類や接種スケジュール等が異なります。                                                                                                                                                                                                                            ワクチンの種類は、接種開始以後変更できませんので、ご注意ください。ワクチンについては、下記の説明書をご覧ください。

○接種回数・方法等                                                                                                                                                                                                                            2価ワクチン 合計3回 筋肉内注射

        初回の1回を0か月として1か月後と6か月後に接種

4価ワクチン 合計3回 筋肉内接種

        初回の1回を0か月として2か月後と6か月後に接種

※原則、保護者の同伴が必要です。しかし、やむを得ない事情により保護者が同伴できない場合(13歳以上の者に限る)は、予診票の保護者の同意欄に保護者のご署名、緊急連絡先等の記入等一定要件のもとに接種が可能です。その際には、事前に予診票及び保護者が同伴しない場合の予診票を医療機関でもらってください。

2.接種費用  無料(下記実施指定医療機関での接種の場合)

3.実施指定医療機関(平成27年度版えびな健康だよりに掲載)

4.持ち物:予診票は各医療機関においてあります。

母子健康手帳、健康保険証、子ども医療証(中学生まで)


リンク

ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課
Tel (直通)046-235-7880 Fax (専用)046-235-7980

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)