3月22日:避難所開設訓練を実施しました

 市では3月22日(木)中新田コミュニティセンターで、市職員による避難所開設訓練を実施した。この訓練は、大規模災害発生時に避難所を開設した際、被災者の受け入れや運営を円滑に実施できるようにするためのもの。

 訓練には、平成24年度に避難所を担当する職員82人が参加。負傷者や病人など様々な状態で被災者が訪れることを想定し、被災者役と避難所担当役に分かれ、それぞれに応じた受け入れ方法などを確認した。
 また、新たに配備したレスキューキッチンやバルーン型投光器など各種資機材についての操作説明を行った。

 市では、東日本大震災の教訓を受けて、避難所担当職員数や避難所の数を増やすなど、防災計画の見直しを進めている。災害発生直後においては、本部の指示を受けずとも早期に避難所を立ち上げられるよう今後も訓練などを重ねていく。

◎この件に関する問い合わせ
 海老名市市長室 政策経営課 危機管理係 電話046・235・4790 


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)