海老名市下水道総合計画(下水道中期ビジョン)の策定について

海老名市の下水道事業は昭和47年に着手し、すでに40年が経過しています。
今日の海老名市下水道が取り組むべき課題には、大規模地震対策、未整備地区の生活排水処理対策、老朽化対策、浸水対策等があります。これらの課題を一つ一つ解決するために中期的・長期的な視点に立ち、下水道が将来においても市民のくらしと豊かな自然環境を支えていく事を目的として、「海老名市下水道総合計画(下水道中期ビジョン)」を策定しました。
海老名市下水道総合計画は平成24年度から平成33年度までの10年間を計画期間とし、その期間に実施する具体的な取組を示しています。


海老名市下水道総合計画には本編とその概要版、さらに内容を簡潔にまとめたパンフレットがあり、以下のダウンロードからご覧になれます。また市役所4階の下水道課窓口でも配布しています。

(ファイルによっては容量が大きいものがありますのでご注意ください)


ダウンロード

また海老名市下水道総合計画を策定するにあたり、市民の皆様から下水道に関する意見を募集しました。寄せられた意見とそれに対する回答結果は以下のダウンロードからご覧になれます。

ダウンロード

お問い合わせ

建設部 下水道課
Tel (直通)046-235-9618業務係/9617計画経営係/9619工事係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)