3月12日:農機具の貸し出し事業をスタート

 市では、市が購入した農機具を貸し出す事業を開始する。
 これは市が進めている農地保全への取り組みの一環。市内農業者およびその家族に無償で農機具を貸し出すことで、農家の負担を減らし農業離れの軽減を図る。なお県内では初の試みとなる。
 
 事業の開始に伴い市が購入した農機具は、中型トラクターと田植え機が各3台、菜種や大豆などの収穫に際に使用する汎用コンバイン機1台の計7台。
 貸し出し希望者は、市農政課に届け出をし、操作方法などについての講習会を受講した後、利用することができる。利用は一反あたり3時間で、最大1日まで可能。
 なお平成24年度には、水稲用コンバインも3台購入を予定しており、事業の更なる促進を図っていく。

 14日(水)には、事前に利用希望のあった農業者らが参加し、農機具の納車式、操作講習会を行う。

〇納車式・講習会
  日 時:3月14日(水)13時20分~15時

    会 場:海老名市社家612番地の田んぼ

    参 加:内野市長、農業委員、生産組合長、市内農業者 ほか

◎この件に関するお問い合わせ
  海老名市経済環境部 農政課 電話046・235・4844


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)