小惑星「Ebina(海老名)」誕生!~一足早いクリスマスプレゼント~

 

 NPO法人「日本スペースガード協会(高橋典嗣理事長・海老名市東柏ケ
谷在住)」は、発見した小惑星が、海老名市にちなんだ「Ebina(海老名)」
と命名されたと発表した。

 同協会は海老名市とのかかわりが深く、創立10周年の記念講演会や天
文教育者シンポジウムを開催したほか、平成2年からは毎年夏休みに市
内小中学生を対象に「星の学校」を開講している。
 また、平成21年に開催した観測体験イベント「スペースガード探偵団」に
は、市内小中学生3人が参加し3つの新天体を発見するという快挙を成し
遂げた。

 こういった海老名市内の児童・生徒の天文学への熱心な取り組み状況、
市が市制施行40周年という節目の年を迎えたことを受け、同協会は国際
天文学連合・小惑星命名委員会に「Ebina」の命名を申請。このたび認定
された。

 「Ebina」は直径約5キロメートル、太陽の周りを3年5か月で公転する小
惑星。
 平成23年12月23日時点での地球から「Ebina」までの距離は約2億3千万
キロメートル、太陽から「Ebina」までの距離は約3億7千万キロメートル。
 

発見地・美星スペースガードセンター(岡山県井原市美星町)


お問い合わせ

教育委員会 教育部 教育支援課
Tel (直通)046-235-4919指導係/4926支援係 Fax 046-231-0277

>>お問い合わせフォーム