20歳になったら国民年金

<加入手続>                                                                                                                                   国民年金への加入は、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての方(外国籍の方も含みます)に法律で義務付けられています。20歳になりましたら、海老名市役所保険年金課または、厚木年金事務所で加入の手続をお願いいたします。加入の際は、資格取得届書を持参(日本年金機構から届いていれば)のうえ、手続をしてください。ただし、厚生年金に加入されている方は必要ありません。20歳前に厚生年金に加入し、その資格を喪失している方は年金手帳を持参してください。

<いざという時のために>                                                                                                                                   国民年金は、やがて訪れる老後や、生活の安定を損なう万が一のことに備えて保険料を出し合い、加入者同士が互いに支え合う制度です。国民年金は、老後の生活を保護する「老齢年金」だけでなく、一家の働き手がなくなった際に支給される「遺族基礎年金」もあります。また、交通事故や病気、またはスポーツでのけがなどで障がいが残ってしまった方に「障害基礎年金」が支給される場合があります。ただし、これらの年金の支給を受けるには、必ず国民年金制度に加入し、保険料を納付期日までに納めることが必要となります。

<保険料納付が困難な方へ>                                                                                                                                   学生の方には、「学生納付特例」制度が、そうでない方には「保険料免除」制度がありますので、ご申請ください。
 


関連情報

リンク

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム