海老名市の放射線等について

◆空間放射線量率

 

  平成23年7月から公立保育園、小中学校等の公共施設において 
  空間放射線量率の測定を実施しています。

    ※平成23年7月の測定開始より全ての測定値が市の暫定基準値である

  毎時0.23マイクロシーベルトを下回っていたため、平成27年度からは

  2か月に1度、偶数月にのみ測定を実施します。

 

  測定結果は、ダウンロードファイルを御確認ください。

 

  ○使用測定器

    (~平成23年7月)
   ・品  番  RDS-30(ミリオンテクノロジーズ社)
   ・検 出 器  エネルギー補償型GM管
   ・測定線種  ガンマ線(エックス線)

 

   (平成23年8月~) 
   
・品  番  NHC7(富士電機株式会社)
   
・検 出 器  エネルギー補償型NaI(Tl)シンチレーション
   
・測定線種  ガンマ線(エックス線)

 

   ※空間放射線量率の測定に関する要望は、
    環境みどり課 環境保全係まで御連絡ください。

    

 

◆土壌中放射性物質濃度

 

  公立保育園の園庭、小学校及び中学校の校庭の土壌を採取し、
  ゲルマニウム半導体検出器を用いた
  ガンマ線
スペクトロメトリーによる核種分析法により、
  ヨウ素131、セシウム134及び同137の濃度測定を実施しました。

 

  なお、参考としまして
  天然に存在する代表的な放射性物質カリウム40の
  濃度測定も併せて実施しました。

 

  測定結果は、ダウンロードファイルを御確認ください。

 

 

◆給食(提供食)

 

  公立保育園及び学校の平成23年10月31日提供分からの給食における
  放射性物質(ヨウ素131、セシウム134及び
同137)の検査を実施しています。

 

  検査結果につきましては、関連情報を御確認ください。


関連情報

ダウンロード

お問い合わせ

経済環境部 環境みどり課 (市役所2階)
Tel (直通)046-235-4912環境政策係/4913環境保全係 Fax 046-233-0346

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)