在外選挙制度

在外選挙制度とは

 在外選挙制度とは、外国にいながら日本の国政選挙に投票をすることができる制度です。

在外選挙の投票方法

 在外選挙には以下の3とおりの投票方法があります。

(1) 在外公館での投票
 在外公館投票が実施される日本大使館又は総領事館等に出向いて投票を行います。

(2) 郵便等による投票
 在外選挙人名簿に登録されている市町村選挙管理委員会に対し、投票用紙等の交付請求を行い、入手した投票用紙に記載した後に再び登録先の選挙管理委員会に郵送します。

(3) 国内での投票
 一時帰国等により選挙期間中に日本に滞在している場合には、国内に居住していたときと同様に期日前投票、不在者投票又は選挙期日の投票所における投票が可能です。

在外選挙を行うためには

 在外選挙を行うためには、在外選挙人証が必要です。在外選挙認証の交付を受けるためには在外選挙人名簿に登録される必要があります。

在外選挙人名簿に登録されるためには

 在外選挙人名簿に登録されるためには、以下の要件を全て満たす必要があります。

(1) 年齢が満18歳以上であること。

(2) 日本国籍を持っていること。

(3) 海外に3ヶ月以上住んでいること。(申請時に3ヶ月以上住所を有していない場合は、領事官が3ヶ月以上住所を有したことを確認した後、市区町村選挙管理委員会において在外選挙人名簿に登録されます。)


海老名市の在外選挙人名簿登録者数

 海老名市の在外選挙人名簿登録者数(平成29年12月1日現在)は、119名(男:58名、女:61名)です。


お問い合わせ

その他・事務局等 選挙管理委員会事務局
Tel (直通)046-235-4905

>>お問い合わせフォーム