児童扶養手当

児童扶養手当とは        

 
父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない子ど
もが育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促
進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として、支
給される手当です。
 
支給対象
 
次のお子さん(18歳に達する日以降最初の3月31日までにある者。又は20歳未満で政令の定める程度の障害状態にある者)を養育している方に支給されます。

1 父母が婚姻を解消した児童
2 父又は母が死亡した児童
3 父又は母が政令の定める程度の障がいの状態にある児童
4 父又は母の生死が明らかでない児童
5 父又は母から1年以上遺棄されている児童
6 父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
7 父又は母が1年以上拘禁されている児童
8 婚姻によらないで生まれた児童
9 父・母ともに不明である児童(孤児など)

 

所得制限
 
児童扶養手当には所得制限があります。下記の限度額を超えている場合はその年(8月~翌7月)の手当の全部又は一部が支給停止となります。
 
手当額
 
上記の制限内の場合、それぞれのご家庭の所得に応じて下記のように支給されます
区分  
 手当の全額を受給できる方
 手当の一部を受給できる方
 児童1人のとき                                    
 月額42,290円                                            月額42,280円 ~ 9,980円
 児童2人のとき                           
 月額52,280円                                                月額52,260円 ~ 14,980円
 児童3人のとき                             月額58,270円  月額58,240円 ~ 17,980円
 児童4人以上のとき                        
 児童1人につき月額5,990円加算                             

 児童1人につき月額5,980円~3,000円の加算 

 
 
 
 
 
 
 
 
※ 児童扶養手当の支給額は、消費者物価指数の変動に応じて改定されます。
 
支払い方法
 
手当支払月(8月、12月、4月)の15日(土、日、祝日の場合は前営業日)に支給月の前月分までの4か月分を請求者の口座に振り込みます。
 
手続きについて
 
まずご相談をいただいてから必要書類のご案内を差し上げます。相談の内容により必要な書類が変わる可能性がありますが、必ず必要な書類は下記の書類です。

1.戸籍謄本(本籍が海老名市の場合は市で用意します※請求者と対象児童のものが必要です)
2.住民票(海老名に住民登録のある方の分については市で用意します)
3.年金手帳
4.請求者名義の通帳等振込先の分かるもの
5.印鑑
6.個人番号(マイナンバー)がわかるもの
7.請求者の本人確認ができるもの                
扶養親族
等の
 
前年中所得
請求者(父又は母、又は養育者)
手当の全額を受給できる方
手当の一部を受給できる方
0人
  190,000円未満
1,920,000円未満
1人
  570,000円未満
2,300,000円未満
2人
  950,000円未満
2,680,000円未満
3人   1,330,000円未満
3,060,000円未満
4人以上
1人増えるごとに380,000円加算

また、同居の親族(扶養義務者)、配偶者(父母どちらかに障がいがある場合または養育者世帯に限る)にも所得制限が課せられます。

扶養親族
等の数
 
前年中所得
配偶者
※扶 養 義 務 者
孤児等の養育者
0人
2,360,000円未満
1人
2,740,000円未満
2人
3,120,000円未満
3人
3,500,000円未満
4人以上
1人増えるごとに380,000円加算

 


お問い合わせ

保健福祉部 子育て支援課
Tel (直通)046-235-4823医療・手当係/235-4824保育・幼稚園係

>>お問い合わせフォーム