~路線価とは~

 
 路線価とは、評価額を算定するために、道路に付けられた価格のことです。具体的には、道路に接する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価格をいいます。
 
 固定資産税路線価と相続税路線価
 路線価と呼ばれるものには、相続税や贈与税の算出の基礎となる、「相続税路線価」、固定資産税の算出の基礎となる、「固定資産税路線価」があります。 比較をすると以下のようになります。
名 称
目 的
価格の目安
管 轄
固定資産税路線価
固定資産税の課税のため
地価公示価格の7割
市役所、町村役場
相続税路線価
相続税、贈与税等の課税のため
地価公示価格の8割
国税局(税務署)
 相続税路線価は税務署が、固定資産税路線価は市がそれぞれの目的に応じ、それぞれの制度に基づいて路線価を算定しております。
 そのため、価格時点や算出方法が異なることから、必ずしも8:7の関係が成立するものではありませんが、それぞれの評価の適正化を推進し、均衡を確保するために、税務署と市の相互協力と情報交換を行っています。
 相続税路線価の詳細に関しては、大和税務署(海老名市管轄)にお問い合わせください。
 
 地価公示価格
 毎年1月1日時点における標準地の1平方メートル当たりの正常な価格として、国土交通省から公示されています。
 土地の本来の価値を示すため、売り手にも買い手にも偏らず、また更地として評価されており、一般の土地取引の目安とされたり、公共事業用地の取得価格を決める際などに活用されています。

関連情報

お問い合わせ

財務部 資産税課
Tel (直通)046-235-8596土地係/8597・8598家屋償却資産係

>>お問い合わせフォーム