付加年金

<付加年金について>

 月々の国民年金保険料に付加保険料として400円を上乗せして納めることによって、将来受け取る老齢基礎年金に付加年金が上乗せされ受け取ることができます。受け取る付加年金は、定額のため物価スライド(増額・減額)はありません。

 付加年金の受給額は、200円×付加保険料納付月数です。

 付加年金の受け取り金額(例:10年納付した場合) 

 付加保険料 400円 × 120ヶ月(10年) = 48,000円

 付加年金額 200円 × 120ヶ月(10年) = 24,000円(年額)

 付加年金を2年間受給すると納付した付加保険料総額と同額になります(65歳から受給した場合の例です)。

<付加年金に加入ができる方>

 国民年金第1号被保険者・任意加入被保険者(65歳以上の方を除く)。 

免除・猶予を受けている期間、第3号被保険者期間、国民年金基金に加入している期間は加入できません。

<手続き方法>

 市役所保険年金課に年金手帳・認印を持参のうえで手続きできます。

<納付の注意点>

 1.付加保険料の納付は、申し込んだ月分からとなります。

 2.付加保険料の納期限は、翌月末日(納期限)と定められております。

 3.納期限を経過した場合でも、期限から2年間は付加保険料を納めることができます。

 4.付加保険料を納付することを希望しない場合は、付加保険料納付辞退申出書の提出が必要になります。

 5.月末が土曜日、日曜日、休日等にあたる場合及び年末の納期限は、翌月最初の金融機関等の営業日となります。


関連情報

リンク

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム