海老名市立歴史資料収蔵館について

  海老名市立歴史資料収蔵館は、市の歴史、文化等に関する古文書、写真、地図などの資料を収集、整理や保管を行い、郷土の歴史の理解を深める場を市民に提供するための施設として平成22年4月に開館いたしました。海老名のことを知りたいとき、調べたいとき、どなたでもご利用いただけます。

                   

                海老名市立歴史資料収蔵館  

【おもな収蔵資料】

   古 文 書          写 真           自治体史・参考資料

         

【施設の概要】                                                                                                                        ○構造/鉄筋コンクリート2階建て                                                                                      ○床面積/333平方メートル                                                                                 ○主な施設/(1階)閲覧コーナー、事務室、移動式書庫、トイレ
      (2階)資料室(閉架書庫)、
 
【利用案内】                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ○開館時間/午前9時から午後5時15分まで                                                        ○休館日/月曜日(国民の祝日に当たるときは翌日)、年末年始、その他臨時休館があります。                                                        ○所在等/〒243-0433 海老名市河原口二丁目27番3号 TEL  046-232-3611 FAX  046-235-0187                                          
○アクセス/JR相模線・小田急線 厚木駅下車 徒歩12分

       

 

    

      閲覧コーナー            相談カウンター


ダウンロード

お問い合わせ

教育委員会 教育部 教育総務課 文化財係
Tel (直通)046-235-4925文化財係/233-4028温故館(郷土資料館)/232-3611歴史資料収蔵館

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)