たばこが子どもに与える影響

~3歳6か月健診の尿検査の結果から~

▽調査の概要 平成20年11月から平成21年3月の3歳6か月児健診対象者                     に、家庭における喫煙状況のアンケート調査と受動喫煙に関する尿中コチニン              測定を実施しました。

▽調査協力者 359人

▽父 母の喫煙状況 父の喫煙124人(35%)、母の喫煙41人(11%)  

尿中コチニンとは?                                              たばこの煙にはニコチンが含まれており、たばこを吸うと体内で「コチニン」という          物質に変わります。コチニン測定により、どれだけたばこの煙が体内に入ったかを        示すことができます。たばこを吸わない人の尿からコチニンが検出されたということは、どこかで受動喫煙をしているということです。 尿中コチニン量5以上は、日常的に受動喫煙をしている可能性が高いと考えられます。

▽尿中コチニン測定の結果(図1)全体の44%の子どもからコチニンが検出されました。約4人に1人は日常的に受動喫煙をしていました。

尿中コチニン測定の結果のグラフ

▽父母の喫煙と子どもの尿中コチニン量(図2)母が喫煙している子どもほど、            受動喫煙をしていました。

父母の喫煙と子どもの尿中コチニン量のグラフ

▽母の喫煙、車内喫煙と子どもの尿中コチニン量(図3)母が喫煙し、                  さらに車内でも家族が喫煙している子どもは、顕著に受動喫煙をしていました。

img1.gif

▽家族内の喫煙と、子どものたばこ誤飲経験有りの割合(図4)母が喫煙する
子どもの約4人に1人は、たばこの誤飲をした経験がありました。

家族内の喫煙と、子どものたばこ誤飲経験有りの割合のグラフ

▽まとめ                                                                                                                   親の喫煙、特に母親の喫煙が子どもに影響を与えていることがわかりました。

・室内、子どもの近くでの喫煙は避けましょう。

・車内での喫煙は避けましょう。

・受動喫煙のおそれのない店を選びましょう。

・子どもの手が届く場所には、たばこや灰皿を絶対に置かないでください。

 

 

 

 


ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課
Tel (直通)046-235-7880 Fax (専用)046-235-7980

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)