収入基準
 

市営住宅の入居収入基準

収入の基準

市営住宅の入居収入基準は、世帯における1年間の総所得金額を計算した上、当てはまる控除額をすべて差し引いた残りの金額を12で割った額(月収額)で、次のとおりとなっています。

階層別

月収額

原則階層

 15万8千円以下

裁量階層

 21万4千円以下

裁量階層とは? → ここをクリックしてください。

原則階層とは? → 裁量階層に該当しない世帯は原則階層となります。

 

収入基準早見表

上記の入居収入基準を実際の年間収入額で表わすと次のとおりとなります。

ただし、給与収入または事業所得の方で、入居しようとする家族の中に収入がある方が一人のみの場合の目安です。
 

給与所得者

この早見表で確認する金額は、源泉徴収票の支払金額欄の箇所です。

世帯人数

単身者

2人世帯

3人世帯

4人世帯

5人世帯

6人世帯

  原則階層  2,967,999円以下  3,511,999円以下  3,995,999円以下  4,471,999円以下  4,947,999円以下  5,423,999円以下

裁量階層

 3,887,999円以下  4,363,999円以下  4,835,999円以下  5,311,999円以下  5,787,999円以下  6,263,999円以下

事業所得者

この早見表で確認する金額は、所得税の確定申告書の所得金額の合計欄の箇所です。

世帯人数

単身者

2人世帯

3人世帯

4人世帯

5人世帯

6人世帯

原則階層

 1,896,011円以下  2,276,011円以下  2,656,011円以下  3,036,011円以下  3,416,011円以下  3,796,011円以下

裁量階層

 2,568,011円以下  2,948,011円以下  3,328,011円以下  3,708,011円以下  4,088,011円以下  4,468,011円以下

 

・次の場合は早見表は参考になりません。

・老人扶養控除、老人配偶者控除、特定扶養親族控除、寡婦(夫)控除、障がい者控除及び特別障がい者控除の対象者のいる世帯(控除額が多くなるために、早見表の金額より高くなります)。

・入居しようとする親族に、収入のある方が2人以上いる場合。

 


お問い合わせ

まちづくり部 住宅公園課
Tel (直通)046-235-9604・9606住宅政策係/9489公園係

>>お問い合わせフォーム