市議会とは

 市民から選ばれた議員が、より良いまちづくりのため、市のさまざまな事業計画、予算、条例などを審議して決定する機関です。

 市の主要な事業や、政策の基本となる問題には、必ず議会の議決同意等を得なければいけません。そればかりでなく、議会は予算や条例についての最終的決定権を有しています。

 さらに、事業や予算が、この決定どおりに執行されているのか監視する役割も果たしています。



◇議員
 海老名市議会の議員定数は22人です。
 なお、議員の任期は地方自治法により4年とされています。

◇会派
 所属する政党や主義が同じ議員で結成されたグループを会派といいます。
 海老名市議会では、グループが2人以上であれば会派を結成することができます

◇議長
 
議会の代表者を議長といい、会議を順序よく進め、議場の秩序を維持し、議会の事務を監督、処理する職務を負います。
 議長が病気や出張などで不在のときは、副議長が議長の職務を行います。

◇議会事務局
 市議会は、議決機関としての自主性を保つため、独自に事務担当組織を設けています。これが議会事務局であり、議長の監督のもと、議会の庶務的事務や議長及び議員の職務の補助を行っています。


お問い合わせ

その他・事務局等 議会事務局
Tel (直通)046-235-4931

>>お問い合わせフォーム