第2回 えびな・いちご文学賞 入賞作品

平成20年6月から10月までの期間募集を行った「第2回えびな・いちご文学賞」の入賞作品が決定しました。

なお、作品集の配布を希望される方は、コチラをご覧ください。

第2回えびな・いちご文学賞の概要

募集内容
テ ー マ    「いちご」 「相模川」 「相模国分寺」 「その他海老名ゆかりの風物」
募集部門    「小説」 「詩」
募集枚数    「小説」400字詰原稿用紙10枚以上20枚以内
募集枚数    「詩」400字詰原稿用紙5枚以内
募集期間   平成20年6月1日(日)から10月31日(金)まで
応募資格   神奈川県在住・在勤・在学の人
選考委員   「小説部門」 岡崎 満義  氏(元文藝春秋編集長) 
          「詩部門」   清水 哲男  氏(詩人)
   

募集結果
応募数    67編 ( 小説 38編   詩 29編)

 

入賞作品(作品名をクリックすると作品をご覧いただけます)

<小説部門>

大  賞(賞状および副賞30万円)

   『苺ちゃん』を捜して     うすい ゆきこ(綾瀬市在住)

優秀賞(賞状および副賞15万円)

      「希望を見つめる豚」       相澤 奈奈(横浜市在住)

佳  作(賞状および副賞図書カード1万円分)

   相模もじずり         内田 聖子(綾瀬市在住)

    真冬のいちご        五十嵐 千代美(横須賀市在住)

    『遡上』            長嶋 絹絵(横浜市在住)

    狐と山伏           大坪 覚(川崎市在住)

    


<詩部門>

大  賞(賞状および副賞10万円)

   たまご石の川原    武田 真樹(横浜市在住)

優秀賞(賞状および副賞5万円)

      苺(いちご)           渡辺 幸枝(川崎市在住)

佳  作(賞状および副賞図書カード1万円分)

   詩「苺」             古郡 陽一(平塚市在住)

    永池川・入内島橋      冨田 民人(寒川町在住)

    「この川は」          大久保 縁(海老名市在住)

    夜の散歩            熊谷 暢(相模原市在住)

 

 なお、入賞者のみなさんには、さがみ農業協同組合海老名地区の協賛により、いちご1箱がそれぞれに進呈されます

 

第1回の受賞作品をご覧になりたい方はコチラ

 


お問い合わせ

市長室 情報発信課
Tel (直通)046-235-4574情報発信係

>>お問い合わせフォーム