高額医療・高額介護合算制度

○ 高額医療・高額介護合算制度とは

 医療費と介護サービス費が高額になった場合、高額療養費、高額介護サービス費としてそれぞれ別々に自己負担の一部が支給されています。
 平成20年4月分からは、医療費と介護サービス費の自己負担合算額が著しく高額になる場合にも、一定の限度額を超えた金額が高額介護合算療養費として支給されます。


○ 対象

 介護保険受給者がいる世帯で、1年間にかかった医療費と介護サービス費の自己負担の合計額が別表の金額を超える世帯。

別表 : 高額医療・高額介護合算制度の自己負担限度額(年額)

 

後期高齢者医療制度
+介護保険

国民健康保険
+介護保険
(70~74歳がいる世帯)

国民健康保険
+介護保険
(70歳未満がいる世帯)

現役並み所得者
(上位所得者)

67万円(89万円)

67万円(89万円)

126万円(168万円)

一 般

56万円(75万円)

56万円(75万円)

67万円(89万円)

低所得者

II

31万円(41万円)

31万円(41万円)

34万円(45万円)

I

19万円(25万円)

19万円(25万円)

※(  )内の金額は平成20年度(平成20年4月1日~平成21年7月31日分ま
  で)の金額です。
     平成21年度からは毎年8月1日~翌年7月31日分までとなります。

 

◎ 詳しい申請内容などは、下記の関連情報をご参照ください。

 


関連情報

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム