子どもの救急ガイドブックを発行しました。

こどもの救急ガイドブック(第2版)

「子どもの救急ガイドブック」が「毎日新聞首都圏センター」(海老名市本郷)のご協力により完成しました(A5判44ページ)。

改訂作業や印刷などを無償で請け負っていただき、市に贈呈していただきました。

 

「子どもの救急ガイドブック」とは・・・

生後1か月から12歳くらいまでの、お子様を持つ保護者の方に向けてお子さんによくある病気の症状などを落ち着いて観察・判断する対処法や適切な医療機関を受診する際のポイントをまとめたものです。

日頃から、このガイドブックを読み、いざという時あわてずに行動ができるようご活用ください。また、救急医療機関受診の最終判断は保護者の方が行いましょう。

希望者には、保健相談センターまたは市役所1階7番窓口・子育てのこと にて無料にて配布しています。

下記よりダウンロードもできますので、ご活用ください。

内容 
1 救急医療機関                                                                                         2 どんな時に救急外来にかかればよいのか?                                                                                        3 子どもの事故の防ぎ方
 

 


関連情報

ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課
Tel (直通)046-235-7880 Fax (専用)046-235-7980

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)