検査担当からのお知らせ

★新着情報★

平成29年 5月22日 更新

■ 平成28年度請負業者別評定点一覧表について

◎平成28年度の請負業者別評定点一覧表を公表します。

■ 工事提出書類関係の更新

◎海老名市の環境方針が「海老名環境マネジメント(EMS)」に移行することに伴い、工事提出書類関係を更新しました。


 

仕事紹介

 海老名市が発注した公共工事が完成すると、その工事目的物の引取りや工事代金の支払いをするために検査を行います。

検査の内容は、

1. 契約事項が適正に守られたか?

2. 工事目的物が仕様書・設計図等のとおりの機能・性能・品質・出来形であるか?

3. 各種規格・基準等に適合しているか?

4. 関係法令が順守されているか?

等々、様々な視点で厳正な態度をもって、綿密かつ公正に検査をしています。

 

 ○検査の対象

   検査対象は、当初契約金額500万円を超える工事について検査を実施しています。

   500万円以下の工事については、事業を担当する職場の責任者が検査を行っています。

 

○検査の種類

工事検査の種類

検査内容

支払の有無

検査の流れ

完成検査 

 工事目的物の全てが完成した時に実施します。

出来高検査

 工事途中において、請負者から既成した部分に対する支払い申請があった場合に実施します。

中間部分検査

 完成時点では視認・確認出来ない隠蔽部や地中埋設部位を工事途中に先行確認するため実施します。

抜き打ち検査

 施工中の現場において、人員体制・安全対策・品質確保・その他諸対策を適正に実施されているか確認するため、請負者に通知なし(抜き打ち)で実施します。

技術検査

  公共工事の検査を行うと同時に、受注者の適正な選定と指導育成に資するために、工事成績評定を行っています。詳しくは、下記各種基準等の「工事成績評定関係」をご参照ください。

 

○検査結果

 これまでの検査実施状況を報告書として掲載しております。

    ・平成26年度請負業者別評定点一覧表

    ・平成27年度請負業者別評定点一覧表

  ・平成28年度請負業者別評定点一覧表


 

各種基準等 

○基準・様式

 海老名市においては適正な工事履行を確保するため、以下の基準等により請負者への条件及び監督行為等のルールを定めております。

番号

種別

名称

 共通事項

 海老名市公共工事共通事項書

 海老名市監督員及び検査員設置要綱

 土木工事基準

 海老名市土木工事共通仕様書

 海老名市土木工事施工管理基準書

 工事成績評定関係

 海老名市工事成績評定要領

 海老名市工事成績評定採点基準

 海老名市工事成績評定採点基準の運用

 工事成績評定表

 抜き打ち検査関係

 海老名市抜き打ち検査実施要領

10

 抜き打ち検査チェックリスト

11

 電子納品関係

 はじめに

12

 海老名市公共工事デジタル写真管理要領

13

 工事写真フォルダ(参考ファイル)

14

 施工体制の点検関係

 海老名市工事現場等における施工体制の点検要領

15

 施工体制の把握に関する点検の着眼点と対処方法

 参考 元請の実質関与に関する11項目の点検の視点

 (国土交通省の点検要領より抜粋)

16

 施工体制把握シート

17

 工事既成部分払申請書関係 

 工事既成部分払申請書

18

 建設リサイクル法関係

19

 工事提出書類関係(検査) 

 工事関係様式

20

 工事関係様式(工事日報用)

 ※工期によっては日数が膨大になり、ファイルが開きづらくなる等の障害が生じるため、単独様式を作成しました。

21

 書類記入例

22

 書類説明

23

 土木工事施工計画書の標準様式 

24

 土木工事施工計画書作成・点検のポイント

25

 品質証明・納入仕様書に関する省略資材について

26

 検査後

 確認事項報告書

 

 


お問い合わせ

財務部 契約検査課
Tel (直通)046-235-4618 Fax (専用)046-232-6574

>>お問い合わせフォーム