12.自動車

1.自動車運転訓練費の助成
2.自動車運転免許の無料教習
3.自動車改造費の助成
4.自動車税・自動車取得税の免除
5.有料道路通行料の金の割引
6.国際シンボルマーク
7.身体障がい者標識
8.聴覚障がい者標識 

1.自動車運転訓練費の助成

身障

 

〔内容〕

県公安委員会指定の自動車教習所で技能訓練を受けた費用の3分の2を助成します。ただし、10万円を限度とします。必ず事前の申請が必要です。

〔対象〕

上肢の1級、下肢・体幹の1級から4級までの方又は内部障がいの方

お問い合わせ

福祉事務所(市役所障がい福祉課)  
電話:
046(235)4812/4813  FAX:046(233)5731


2.自動車運転免許の無料教習

身障

 

〔内容〕

18歳以上の身体障がい者が自動車運転免許を取得する場合、次のすべての要件に該当している方は、厚生労働省から委託された「身体障害者運転能力開発訓練センター」での所定の教習料金が無料となります。(検定料宿泊施設利用料等は有料)

(1)公共職業安定所に求職登録をしてある方

(2)県の運転免許試験場での運転適性検査に合格した方

(3)身体障害者運転能力開発訓練センターが入所を認めた方

お問い合わせ

身体障害者運転能力開発訓練センター
通称 東園(あずまえん) 月曜定休

埼玉県新座市堀ノ内2-1-46      
電話:
048(481)2711    FAX:048(481)6578
東園のホームページへリンク

〔備考〕

入所日は1・4・7・10月の月初めで、教習期間は3ヶ月です。
宿泊施設(有料)もあります。
 


3.自動車改造費の助成

身障

 

〔内容〕

自動車のハンドル、ブレーキ、アクセルなど操向装置及び駆動装置を改造するための費用を10万円を限度として助成します。ただし、所得制限があります。また、必ず事前の申請が必要です。

〔対象〕

下肢又は体幹障がいの1級又は2級の方で、通勤等のために自動車を自ら所有し、運転する人。

お問い合わせ

福祉事務所(市役所障がい福祉課)  
電話:
046(235)4812/4813  FAX:046(233)5731


4.自動車税・自動車取得税の免除

身障

知的

〔内容〕

自動車税と自動車取得税が免除される制度があります。
(詳しくは13.税・使用料の減免等 7自動車税・自動車取得税の免除をご覧ください)


5.有料道路通行料の金の割引

身障

知的

〔内容〕

東日本高速道路株式会社等の有料道路通行料金が5割引となります。

〔対象〕

 身体障がい者が運転する乗用自動車等(本人又は生計を一にする者が所有するもの)

2 第1種の手帳所持者が乗車し、その移動のために介護者が運転する乗用自動車等
(本人又はこれと生計を一にする者又は日常的に介護している者が所有するもの)

お、いずれの場合も、1人1台で営業用の車両は除かれます。

割引証の交付

福祉事務所(市役所障がい福祉課)  
電話:046(
235)4812/4813  FAX:046(233)5731

〔手続〕

身体障がい者手帳又は療育手帳、車検証、免許証(本人運転の場合のみ)、ETCカード(障がい者ご本人名義のもの)など


6.国際シンボルマーク

身障

 

 国際シンボルマーク

〔内容〕

このマークは障がい者が利用できる建築物、施設であることを明確に示す全世界共通のマークで障がい者が住みよい街づくりに寄与することをねらいとしています。個人の車に表示することは本来の趣旨とは異なります。障がいのある方が乗車していることを周囲にお知らせする程度の表示になります。したがって個人の車に表示をしても、道路交通法上の規制を免れるなどの法的効力は生じませんのでご留意ください。

〔購入方法〕

郵便局備付の払込取扱票にて郵便振替でご送金ください。

口座番号:00180-2-132429
加入者名:(財)日本障害者リハビリテーション協会
通 信 欄:ご希望の種類・サイズ・枚数
ご依頼人:郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記

〔種類と価格〕

種類

サイズ

寸法

価格

ステッカー

(裏面シール)

15.0cm × 15.0cm

500

12.0cm × 12.0cm

350

6.0cm × 6.0cm

300

磁石付ステッカー

(裏面磁石)

15.5cm × 14.5cm

1,700

12.0cm × 12.0cm

1,100

6.0cm × 6.0cm

800

〔お問い合わせ〕

財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1  
電話:
03(5273)0601  FAX:03(5273)1523
日本障害者リハビリテーション協会のホームページへリンク


7.身体障がい者標識

身障

 

 身体障がい者標識

〔内容〕

肢体不自由であることを理由にその免許に条件を付されている方が普通自動車を運転する場合において、肢体不自由が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときに表示するよう努めなければならないこととされています(義務ではありません)。また、他の自動車の運転者は当該身体障がい者標識を表示している普通自動車に対する幅寄せや割込が禁止されます。

〔購入方法〕

各都道府県の交通安全協会またはカー用品店

〔お問い合わせ〕

警察庁交通企画課   電話:03(3581)0141

神奈川県交通安全協会 電話:045(478)0166

 

8.聴覚障がい者標識

身障

 

聴覚障がい者標識

〔内容〕

聴覚障がいであることを理由にその免許に条件を付されている方が普通自動車を運転する場合において、表示するマークで、マークの表示は義務となっています。また、他の自動車の運転者は当該聴覚障がい標識を表示している普通自動車に対する幅寄せや割込が禁止されます。

〔購入方法〕

各都道府県の交通安全協会またはカー用品店

〔お問い合わせ〕

警察庁交通企画課   電話:03(3581)0141

神奈川県交通安全協会 電話:045(478)0166

このページの先頭へ

 

 

※ 海老名市では、こころのバリアフリーの一環として「障害」を「障がい」にひらがな表記としております。

 


ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 障がい福祉課
Tel (直通)046-235-4813障がい福祉係/4812相談支援係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)