特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導の受診をお勧めします

 特定健康診査・特定保健指導とは、40歳から74歳の人を対象に、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)およびその予備群の早期発見と予防・改善を目的として各医療保険者(国民健康保険・社会保険・共済組合等)が行うものです。腹囲やBMI(肥満度を示す指数)のほか、心臓病、脳卒中などの危険因子を判定するのに効果的なLDL(悪玉)コレステロール検査などを実施します。

 特定健診の結果から、生活習慣改善が必要と認められた人には、特定健診の結果と「特定保健指導」の案内が送付されます。対象になった人はぜひ保健指導を受けて下さい。


ダウンロード

特定健診・特定保健指導のポイント

■ 保健指導が前提の健診です。

 「特定健診」を受診すると、メタボリックシンドロームの予防・改善に役立つ情報提供や、健康教室への参加、専門家からのアドバイスなどの支援が受けられるようになります。

■ 保健指導は健診結果によって段階があります。

 保健指導をより効果的に実施するため、健診結果のメタボリックシンドロームに関する判定を基本に「情報提供」「動機づけ支援」「積極的支援」に階層化します。

■ すべての医療保険で実施が義務づけられました。

 40歳から74歳までの方を対象とし、1年に1回受診できます。医療保険者が委託した健診・保健指導機関で受診することになります。これまで受診機会の少なかった被扶養者(家族)の方々も同じ条件で健康診査を受けることができます。

■ 健診項目もメタボリックシンドローム対策を重視したものになっています。

 特に、腹囲(おへそ周り)の測定はメタボリックシンドローム判定で重要な基準のひとつです。海老名市国民健康保険にご加入の方の場合は、基本的な項目のほか、市の追加項目を設定しておりますので、平成19年度まで実施していた基本健康診査とほぼ等しい内容で受診していただくことになります。

■ データは加入している医療保険で保管・管理されます。

 医療保険によって異なりますが、検診結果や保健指導の内容・成果はデータとして保管されます。蓄積された健診データ、保健指導のデータを利用することで、効率的、効果的な保健指導を実施します。


ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)