平成29年度 臨時職員の登録受付

  海老名市では、 年間を通して、臨時職員の登録を受け付けています。

 必要とする時期に登録された方の中から、選考の上、臨時職員として採用します。

 登録者全員が採用されるわけではありません。 

 

○募集職種○

 事務補助

 ※ 「保育士(要保育士資格)」、「非常勤講師(要教員免許)」については、別途登録を行っております。
   詳しくは、各担当課(保育士=子育て支援課、非常勤講師=就学支援課)へお問い合わせください。 

 

○主な職務内容○

 パソコンを使ったデータ入力及びデータ処理(表計算ソフト・ワープロソフト)、窓口業務、書類整理、電話対応等

 ※ 職務内容は、配属される職場により異なります。

 

○賃金など○

 時 給 : 980円

 交通費 : 自宅から勤務地まで2キロメートル以上あり、かつ交通用具(交通機関)利用の場合のみ(徒歩は支給されません。) 

 ※ 制度改正などにより変更となる場合があります。

 

○社会保険など○

 勤務条件により、社会保険(健康保険・厚生年金保険)及び雇用保険の適用があります。

 

○その他○

 任用期間、勤務日、勤務時間等の勤務条件は、配属される職場により異なります。

 市外在住の方でも登録することができます。

 

○登録方法○

 市販の履歴書(職歴、資格、希望勤務時間等を記入。写真貼付のこと)を下記住所に郵送または職員課へ持参してください。

 郵送先:〒243-0492 海老名市勝瀬175番地の1

           海老名市役所 職員課 人事研修係 宛

 

○注意事項○

(1) 登録有効期間は、「平成30年3月31日まで」です。

(2) 採用は、必要とする時期に登録者の中から選考し、連絡します。(採用は、登録順ではありません。)

※ 登録者全員が採用されるわけではありませんので、予めご了承ください。

※ 登録後、他の就職が決定したなど、登録の取り消しを希望される場合は、職員課へご連絡ください。

※ 連絡後、採用を辞退されても、登録が取り消されることはありません。

(3) 採用に当たっては、守秘義務や営利企業の従事制限(兼業禁止)等が規定されている地方公務員法の適用を受けることになります。

 

○採用されない条件○

 地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当する人は、採用されません。

 (1)成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)

 (2)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人

 (3)海老名市職員として懲戒免職処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人

 (4)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

 


お問い合わせ

市長室 職員課
Tel (直通)046-235-4502人事研修係/4503給与厚生係

>>お問い合わせフォーム