ごみと資源の「分別の仕方Q&A」

 リサイクルできない紙はどのような紙ですか?

A 次の紙類は、リサイクルすることができません。 
 ●匂いがついた紙(洗剤の箱、線香の箱)※食べ物の匂いは可
 ●特殊加工された紙(アイロンプリント、シール紙、捺染紙)
  ※捺染紙(なっせんし)とは、昇華性のインクで印刷された転写紙です。
   鞄や靴などを購入した際に、型崩れ防止用に入っていることがあります。
 ●汚れた紙
 ●ティッシュ
、キッチンペーパー、紙おむつ
   →すべて「燃やせるごみ」の日に出してください。

今まで、「燃やせるごみ」だった次の紙類は、「ミックスペーパー」で出せるようになりました。(平成28年12月1日から)

シュレッダーで細断した紙などは、レジ袋に入れて「紙・布の日」にごみ集積所へ出すことができます。
 ●シュレッダーで細断された紙
 ●ビニールコート紙(表面がビニールで覆われたもの)
 ●感熱紙(レシート、FAX用紙など)
 ●油紙、カーボン紙、ノンカーボン紙
 ●金紙、銀紙
 ●写真、写真付きはがき
 ●和紙、半紙、障子紙


お問い合わせ

経済環境部 資源対策課
Tel (直通)046-235-4922管理係/4923資源対策係

>>お問い合わせフォーム