介護サービスの利用者負担について

介護サービス利用時の利用者負担は、「1割」または「2割」です。
(平成27年8月から)

2割 「一定以上所得者」の人
1割 「一定以上所得者」以外の人


「一定所得所得者」とは次の(1)と(2)の両方にあてはまる方のことです。

   (1) 本人の合計所得金額が160万円以上
   (2) 同一世帯の65歳以上の人の「年金収入」と「その他の合計所得金額」の合計
          が、
単身で280万円以上、2人以上で346万円以上

  ■  要支援1・2、要介護1~5の介護認定を受けている方に対して、利用者負担割合
    を記した負担割合証を交付します。

  ■  負担割合証は、毎年7月に郵送でお送りします。適用期間は8月から翌年の7月
    末までです。(新規に介護認定を申請された方へは、申請後に交付します。)

  ■  介護サービス利用時には、介護保険被保険証とともに負担割合証も提示くださ
    い。


●在宅サービス  

 介護サービスを利用する際には、要介護状態区分別に保険から給付される利用限度額が
決められています。利用限度額を超えてサービスを利用した場合には、超えた分は全額利
用者負担となります。

介護サービスの利用限度額                        

要介護状態区分

1か月の利用限度額

要支援1

 5,003単位(約 50,030円)

要支援2

10,473単位(約104,730円)

要介護1

16,692単位(約166,920円)

要介護2

19,616単位(約196,160円)

要介護3

26,931単位(約269,310円)

要介護4

30,806単位(約308,060円)

要介護5

36,065単位(約360,650円)

 
 ケアプランに基づいてサービスを利用するとき、みなさんがサービス事業者に対してお
支払いいただくのは、原則としてサービスにかかった費用の1割または2割になります。


●施設サービス 

 介護保険施設に入所した場合には、サービス費用の1割または2割、食費、居住費、日常生活費の
それぞれの全額が、利用者の負担となります。また、短期入所サービスと通所サービスの
食費と滞在費も全額利用者負担となります。

 

 


関連情報

お問い合わせ

保健福祉部 高齢介護課
Tel (直通)046-235-4950・4951高齢者支援係/4952介護保険係/4953介護認定係

>>お問い合わせフォーム