介護保険のご案内

◆◆◆ 介護保険制度とは ◆◆◆ 

  今後、高齢化の進展に伴って、寝たきりや認知症の高齢者が急速に増えることが見込まれていま
す。
また、介護が必要な期間が長期化したり、介護する家族の高齢化などが進んでおり、家族によ
る介護では十分な対応が困難となってきています。

  こうした中、今日、介護問題は、国民の老後生活最大の不安要因となっています。そこで、介護
を社会全体で支える「介護保険制度」が生まれました。

 介護保険制度は、みなさんの住む市区町村(海老名市)が運営しています。
  40歳以上のみなさんが被保険者(加入者)となって保険料を納め、介護が必要となったときには、介護認
定を受けサービスを利用できる仕組みとなっています。



  
●・●・●・●・●   介護保険は社会全体で支えられています    ●・●・●・●・●

介護保険制度イメージ

 

◆◆◆ 介護保険料はどうして納めるの? ◆◆◆

 介護保険は、国、県、市の負担金と、40歳以上のみなさんに納めていただく保険料を財源に運営されてい
ます。

 みなさんから納めていただく保険料は、介護サービス(サービス費用の9割分)をまかなう大切な財源です。
 誰もが安心して介護サービスを利用できるよう保険料の納付をお願いいたします。

介護保険の財源内訳

65歳以上の
方の保険料
(1号被保険者)

22%

40歳~64歳の方の保険料
(2号被保険者)

28%

公費:50%
国: 約25%
県:12.5%
市:12.5%



◆◆◆ 介護保険に加入する方(被保険者)◆◆◆

 原則として、海老名市にお住まいの40歳以上のみなさんは、海老名市の介護保険に加入(強制加入)する
ことになります。

 加入者(被保険者といいます)は、年齢によって、第1号被保険者と第2号被保険者とに分かれ、介護保険
のサービスを受けられる条件や保険料などについて違いがあります。

 

区分

内容

 

第1号被保険者

☆ 対象となる方は
   海老名市に住所を有する65歳以上の方
   
  ☆ 資格を取得するときは
   ○ 65歳に達したとき
     資格の取得日は65歳の誕生日の前日です。
   手続きは必要ありません。海老名市より介護保険被保
  険者証を郵送いたします。
   
   ○ 海老名市に転入したとき
     窓口サービス課での手続き後、高齢介護課へお寄りく
    ださい。
   海老名市の介護保険についてご説明いたします。
   なお、転入前の市町村で、要介護(要支援)認定を受
  けていた方は、受給資格者証明書を提出してください。
   介護保険被保険者証については後日郵送いたします。
   
  ☆ 資格を喪失したときは
   ○ 死亡したとき
        窓口サービス課での手続き後、高齢介護課で手続きを
    してください。介護保険被保険者証を返還していただき
    ます。また、介護保険料についてご説明いたします。
 
   ○ 他市町村へ転出するとき
     窓口サービス課での手続き後、高齢介護課で手続きを
    してください。介護保険被保険者証を返還していただき
    ます。また、介護保険料についてご説明いたします。
   なお、要介護(要支援)認定を受けている方には受給
  資格証明書を発行します。
   
  ☆ 介護保険料の納め方は
   大別すると、海老名市からお送りする納付書で納付してい
ただく方法(普通徴収)と、受給されている年金から保険料
を天引きさていただく方法(特別徴収)の2種類があります。
 詳しくは、介護保険料の納め方をご覧ください。
 

第2号被保険者

☆ 対象となる方は
   海老名市に住所を有する40歳から64歳までの医療保険
(国民健康保険・健康保険組合など)に加入している方
   
  ☆ 資格を取得するときは
   ○ 40歳に達したとき
     資格の取得日は40歳の誕生日の前日です。
   手続きは必要ありません。要介護(要支援)認定を受
  けた場合には、後日、海老名市より介護保険被保険者証
  を郵送いたします。
   ○ 医療保険に加入したとき
     手続きは必要ありません。要介護(要支援)認定を受
  けた場合には、後日、海老名市より介護保険被保険者証
  を郵送いたします。
   ○ 海老名市に転入したとき
     手続きは必要ありません。
   ただし、転入前の市町村で、要介護(要支援)認定を
  受けていた方は、高齢介護課へ受給資格者証明書を提出
  してください。
   介護保険被保険者証を、後日郵送いたします。
   
  ☆ 資格を喪失したときは
   ○ 死亡したとき
     要介護(要支援)認定を受けていない方は、手続きの
  必要はありません。
   認定を受けている方は、窓口サービス課での手続き後、
    高齢介護課へ介護保険被保険者証を返還していただきま
    す。
   
   ○ 他市町村へ転出するとき
     要介護(要支援)認定を受けていない方は、手続きの
  必要はありません。
   認定を受けている方は、窓口サービス課での手続き後、
    高齢介護課へ介護保険被保険者証を返還していただき、
    受給資格証明書を交付します。
   
  ☆ 介護保険料の納め方は
   現在、加入されている医療保険の算定方法に基づき、医療
保険分と介護保険分を併せて納めていただきます。
 詳しくは、現在ご加入中の健康保険組合へお問い合わせく
ださい。


お問い合わせ

保健福祉部 高齢介護課
Tel (直通)046-235-4950・4951高齢者支援係/4952介護保険係/4953介護認定係

>>お問い合わせフォーム