福祉用具の貸与について

 介護保険では自立した在宅での生活を助けるために、必要な福祉用具を借りることができます。
 福祉用具貸与サービスを利用する場合には、ケアマネジャー又は地域包括支援センター担当職員に、介護サービス計画(ケアプランといいます。)を作成してもらい、福祉用具貸与サービスをケアプランに組み込む必要があり、また、定期的にその必要性について見直しを行っていきます。
 福祉用具貸与サービスで利用できる用具は、要介護度によって異なりますのでご注意ください。

            

品目

要支援1・2、
要介護1の方

要介護2・3の方 要介護4・5の方
車いす ×
車いす付属品 ×
特殊寝台 ×
特殊寝台付属品 ×
床ずれ防止用具 ×
体位変換器 ×
認知症老人徘徊感知機器 ×
移動用リフト(つり具の部分を除く) ×
自動排泄処理装置 × ×
手すり
スロープ
歩行器
歩行補助つえ

 

 は、利用できます。

× は、原則、利用できません。
(利用するためには、一定の条件が必要です。ケアマネジャー又は地域包括支援センター担当職員に、ご相談ください。)


【 居宅介護支援事業所・福祉用具貸与事業所の方へ 】
 軽度者の福祉用具利用については、ダウンロードファイルをご覧ください。


ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 高齢介護課
Tel (直通)046-235-4950・4951高齢者支援係/4952介護保険係/4953介護認定係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)