住宅改修費について

 生活環境を整えるための小規模な改修に対して、上限20万円(うち自己負担1割又は2割)まで住宅改修費が
 支給されます。住宅改修費の支給は、原則「償還払い」となります。

◆対象者

 要支援1・2又は要介護1~5の認定を受けている方。

◆対象となる工事

 1 手すりの取り付け

 2 段差の解消

 3 滑り防止、移動の円滑化等のための床材の変更

 4 開き戸から引き戸等への扉の取替え

  5 和式から洋式への便器の取替え

 6 その他、これらに付帯して必要な工事

 

◆償還払いとは・・・

 利用者が一時的に費用の全額を施工業者に支払い、申請により後から9割分が利用者へ支給されます。

 

◆申請手続について

 申請の方法については、下記ダウンロードの「住宅改修について」からご確認ください。

◆身障手帳または療育手帳をお持ちの方へ

 障がい者福祉制度の中にも住宅設備改良費があります。改修前に海老名市障がい福祉課に相談・確認をしてください。

◆一時的な費用負担が困難な方は

 一時的に10割分の費用負担が困難な場合は、「受領委任払い制度」を利用することができます。
 この制度では、はじめから1割又は2割の負担でサービスが利用できます。「受領委任払い制度」の利用には一定の
手続きが必要となります。

 詳しくは受領委任払い制度をご覧ください。

 


関連情報

ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 高齢介護課
Tel (直通)046-235-4950・4951高齢者支援係/4952介護保険係/4953介護認定係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)