下水道使用料について

◇下水道使用料について

 家庭や事業所から排出される汚水は、下水道管を通って、茅ヶ崎市にある相模川流域下水道の終末処理場に送られ、きれいな水に処理されてから相模湾に放流されます。

 下水道使用料は、下水道管の清掃や補修、終末処理場で汚水を処理する費用などに充てるため、排出される汚水の量(排水量)に応じて各家庭や各事業所で負担していただくものです。

 ※相模川流域下水道・・・相模川の水質保全と地域の生活環境の改善を図るため、昭和44年から相模川流域の9市2町の区域を対象に事業に着手し、終末処理場として昭和48年に平塚市に右岸処理場(四之宮管理センター)、昭和52年に茅ヶ崎市に左岸処理場が建設され、処理が開始されました。現在は、相模川流域の9市3町で事業を実施して汚水処理を行っています。

◇排水量の認定方法について

 ○水道水をご使用の場合 

    水道水の使用水量を排水量とみなします。

 ○地下水(井戸水)をご使用の場合 

    地下水の揚水量を排水量とみなします。

 ○水道水と地下水を併用してご使用の場合 

    水道水の使用水量と地下水の揚水量を合計した水量を排水量とみなします。

 ○なお、水道水を製品等に使用する事業所等で、使用する水量と排水量が著しく異なる場合は、別にメーターを設置していただき、排水量の申告をすることができます。(詳細については、お問い合わせください。)

◇上下水道料金一括納付制度について

 平成15年4月から、上下水道料金一括納付制度が開始され、県企業庁から水道料金と下水道使用料を合わせて「上下水道料金」として徴収させていただいています。

 ※上下水道料金の支払いは、口座振替が便利です。

  上下水道料金の口座振替を希望される方は、県企業庁の取扱金融機関で所定の手続きが必要です。県企業庁指定の「上下水道料金口座振替依頼書・上下水道料金自動払込利用申込書」により申し込みをしてください。口座振替の申し込み用紙は、取扱金融機関に備え付けてあります。

 ※住所変更に伴う上下水道の使用開始・休止の連絡も県企業庁海老名水道営業所へお願いします。

 

県営水道のホームページ   http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f27/

県企業庁海老名水道営業所

海老名市上郷717

電話046-234-4111(代)

 

◇下水道使用料の計算方法について

 下水道使用料の料金については、下記のダウンロードファイルの下水道使用料速算表、下水道使用料早見表をご覧ください。

 なお、2ヶ月ごとの検針(一般家庭など)は2ヶ月用、1ヶ月ごとの検針(事業所など)は1ヶ月用の速算表・早見表をご覧ください。

 


ダウンロード

お問い合わせ

建設部 下水道課
Tel (直通)046-235-9618業務係/9617計画経営係/9619工事係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)