障害基礎年金

<障害基礎年金>

 障害基礎年金は、国民年金加入中に初診日がある病気やケガにより障害等級表1級または2級の障がいに認定された場合に支給されます。 
 障害基礎年金を受けるには、次の受給条件をすべて満たしていることが必要です。 

(1)初診日が国民年金加入期間、または60歳以上65歳未満(国内に住んでいる方のみ)の年金未加入期間の間にあること。 
(2)障害認定日(初診日から1年6カ月を経過した日、または、症状が固定した日)に障害等級表の1級または2級の障がいに該当すること。
(3)初診日の前々月までに保険料を納めた期間(免除期間・学生納付特例・納付猶予の承認期間を含む)が、加入期間の2/3以上あること。
   ただし、初診日が平成38年3月31日以前にあるときは、この要件を満たしていなくても、初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に、保険料の未納がなければ支給されることになっています。 
 ※初診日とは、初めて医師の診療を受けた日のことをいいます。同一の病気やけがで転医があった場合は、一番初めに医師の診療を受けた日が初診日となります。(初診日を明確にしてからご相談ください) 
 
○上記以外で、次の場合にも支給されます。 
 ▽20歳前に初診日があり、その後障がいになった方 
 障害認定日が20歳前にある場合は、20歳に達した月の翌月から年金が受けられます。 
 ※本人の所得制限があります。 
 
 ▽障がいの程度が進んだとき 
  障害認定日に障害等級表に該当していなくても、その後65歳になるまで
(老齢基礎年金の繰上げ請求をしていない場合に限る)に該当した場合、年金が受けられます。
     ただし、65歳に達する前
(老齢基礎年金の繰上げ請求をする前) に請求することが必要です。 
  



【年金支給額】(平成29年4月現在) 
○1級  974,125円 
○2級  779,300円 

○子の加算額について 
  障害基礎年金の受給権を取得した当時、その方によって生計を維持されている、18歳になった後の最初の3月31日までにある子または20歳未満で障害等級1級・2級の障がいの状態にある子がいる場合に、次の額が加算されます。 
  ▽子1人目・2人目(1人につき)  224,300円 
 ▽子3人目以降(1人につき)      74,800円    
※障害基礎年金受給者は、届出をすると国民年金保険料は免除(法定免除)されます。                                                         ※本人が希望すれば保険料の納付や前納が可能になりました。                                                                                                                                                                                                                                                                               ※子の加算の扱いは、平成23年4月1日より変更となり、障害基礎年金の受給権を取得した後に、出産などがあった場合でも加算の対象となりました。該当する方は、年金事務所での手続が必要です。                                                       


関連情報

リンク

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム