遺族基礎年金

<遺族基礎年金>

  遺族基礎年金は、国民年金の加入中の被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間(年金制度への原則25年以上の加入※1など)を満たしている方が死亡したとき、その方によって生計を維持されていた「子※2のある配偶者」または「子※2」に支給されます。                               

※1・・・受給資格期間の10年への短縮が実施されても、25年以上の加入が必要です。

※2・・・死亡当時、18歳になった後の最初の3月31日まで、または、1級、2級の障がいの状態にある20歳未満の子が対象です(死亡した当時、胎児であった子も出生以降に対象となります)。なお、婚姻している子は対象となりません。 

次に該当する方が死亡したときに、所定の保険料を納めた期間を満たしていれば、支給されます。 

○国民年金の被保険者期間中の方                                                               ○国民年金の被保険者資格喪失後で60歳以上65歳未満の日本国内に住所を有していた方                                                ○老齢基礎年金の受給権者 
○老齢基礎年金の受給資格要件(保険料納付済期間、保険料免除期間と合算対象期間を合算した期間が25年以上)を満たしている方

▽死亡日の属する月の前々月までに保険料を納めた期間(免除期間・学生納付特例期間を含む)が、全被保険者期間の2/3以上あること。 
▽65歳到達前の者が死亡した場合、平成38年3月31日までに死亡日がある場合は、死亡日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の未納がないこと。 

                                                                                                                    【支給年金額】(平成29年4月現在) 
○子がいる配偶者が受けるとき
 ▽子の数が1人のとき 
   基本額            779,300円 
   加算額         224,300円 
   
合計(年額)  1,003,600円 
 ▽子の数が2人のとき 
   基本額              779,300円 
   加算額              448,600円 
   
合計(年額)  1,227,900円 
 ▽子の数が3人のとき 
   基本額              779,300円 
   加算額    448,600円+74,800円 
   
合計(年額)  1,302,700円 
  ※子が4人以上のときは、3人のときの額に1人につき74,800円加算します。 

○子が受けるとき 
 ▽子の数が1人のとき
  基本額             779,300円 
  加算額                なし 
  
合計(年額)      779,300円 
 ▽子の数が2人のとき 
  基本額       779,300円 
  加算額       224,300円 
  
合計(年額)  1,003,600円 
 ※子が3人以上のときは、2人のときの額に1人につき74,800円加算します。 


関連情報

リンク

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム