年金保険料の納付方法

<国民年金保険料について>

 保険料は、被保険者の種別により負担方法が異なります。 

○第1号被保険者・任意加入被保険者 
  自分国民年金保険料を納めます。 

○第2号被保険者
  厚生年金
で保険料を納めますので、国民年金の保険料は厚生年金保険料として、給料から天引きされることになります。 

○第3号被保険者
 配偶者の加入する年金制度
(厚生年金)で負担しますので、自分で国民年金の保険料を納める必要はありません。
 ただし、
配偶者(2号被保険者)の勤務先
で、第3号被保険者該当の手続きが必要です。 


 
国民年金第1号被保険者・任意加入被保険者の保険料(平成29年度)は、性別・年齢・所得に関係なく定額で、次のとおりです。 
 定額保険料  月額16,490円
  
付加保険料  月額   400円
(将来、より多くの年金を希望する方) 
 ・ 国民年金保険料の納付期限は、
翌月末日
です。 

<保険料の納付方法について>

 国民年金保険料の納付方法には、次の方法があります。また、一括して前払いすると、割引があります。 

○現金納付
   日本年金機構から郵送される納付書で、全国の銀行・郵便局・農協・漁協・信用金庫・労働金庫・信用組合(一部を除く)・コンビニエンスストア(下記参照)で納付できます(市役所1階のスルガ銀行派出所では納付できませんのでご注意ください)

 ・ 国民年金保険料が納付できるコンビニ店舗等
 ▽セブン-イレブン▽ローソン▽ファミリーマート▽ミニストップ▽サークルKサンクス▽セイコーマート▽山崎製パン(デイリーヤマザキ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ニューヤマザキデイリーストア)▽コミュニティ・ストア▽ポプラグループ(ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト)▽スリーエフ▽セーブオン▽MMK設置店(順不同)  

※MMK設置店とは、MMK端末(株式会社しんきん情報サービスが設置する公共料金収納端末)を設置している店舗のことをいいます。                             国民年金第1号・任意加入中の方には、日本年金機構から4月上旬に1年度分の納付書が発送されます。 
※新しく国民年金第1号・任意加入の手続きをすると、後日、日本年金機構から納付書が郵送されます。
                                                          ※平成29年4月から、任意の月から翌年度末までの前納が可能になりました。最大で4月分から翌々年3月分までの2年分の前納が可能になります。2年前納の納付書の発送は、お申し込みが必要です。                                                                      ※年度途中から前納を希望される方や2年前納の納付書を希望される方は、年金事務所までお問い合わせください。 


○口座振替での納付
   口座振替を希望する場合は、口座振替を希望する金融機関または市役所保険年金課に、
年金手帳・通帳・通帳印を持参し、申込用紙「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書」に必要事項を記入し、提出してください。
 ▽口座振替の金融機関を変更する場合は、新しく口座振替をする金融機関または市役所保険年金課に、年金手帳・通帳・通帳印を持参し、申込用紙に必要事項を記入し、提出してください。 
 ▽口座振替を停止する場合は、年金事務所に、年金手帳・通帳・通帳印を持参し手続きをします。 
 ▽2年度分、年度の1年分または6ヶ月分の保険料を4月・10月にまとめて前納すると保険料が割引
になります。また、口座振替で納付すると割引額がさらにお得になるほか、毎月の納付でも、早割制度を利用すれば保険料が割引になります。
 
○現金納付 
 ▽2年前納  379,560円(毎月納める場合より  14,400円の割引
  ▽1年前納  194,370円(毎月納める場合より  
 3,510円の割引
 ▽6ヶ月前納  98,140円(毎月納める場合より    
800円の割引

○口座振替    
 ▽2年前納   378,320
円(毎月納める場合より 15,640円の割引
 
▽1年前納   193,730円(毎月納める場合より     4,150円の割引
  
6ヶ月前納  97,820円(毎月納める場合より      1,120円の割引
   ・ 1年前納の場合、現金納付より640円お得です 
 ▽毎月納付(早割)  毎月
50割引
   ・ 毎月の保険料を当月末に引き落とす早割を利用した場合

 ※2年前納・1年前納・6ケ月前納(上期)は、4月末日の振替になります。
 ※口座振替による前納の申し込み期限は、2月末日(年金事務所必着)です。また、10月末日振替の前納を希望する方は、8月末日(年金事務所必着)までにお申し込みください。ただし、市役所保険年金課で申し込まれる方は、申込み期限10日程前までにお申し込みください。

○クレジットカード払い
  クレジットカード払いを希望する場合は、事前に申込用紙「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入し、市役所または年金事務所へ提出してください。申込用紙は、市役所または年金事務所にあります。

 ▽2年前納 379,560円(毎月納める場合より 14,400円の割引
 ▽1年前納  194,370円(毎月納める場合より  3,510円の割引
 ▽6ヶ月前納 98,140円(毎月納める場合より   800円の割引
 ▽毎月納付 16,490円(割引はありません)

 ※平成29年4月より2年前納(4月末日に指定代理納付者(クレジットカード会社)が立替え納付します)ができるようになりました。申込み期限までにお申し込みください。

※クレジットカード納付による前納の申し込み期限は2月末日です。ただし、10月末日の前納を希望する方は、8月末日までにお申し込みください。なお、市役所保険年金課に申し込まれる方は、申込み期限10日程前までに提出してください。

 ※有効期限を迎えるクレジットカードの場合、更新時に改めて手続きが必要な場合がありますのでご注意ください。


○納付書の再発行等について
 納付書を紛失したときや前納したいときは、年金事務所に連絡すると納付書が再発行されます。 

○社会保険料控除について
  国民年金保険料は、納めた全額が社会保険料として所得税や住民税を計算するときに、課税対象となる所得金額から控除されます。
 また、控除される保険料は、家族の分も対象となります。

〇追納について
  免除・学生納付特例・納付猶予の承認を受けた期間の国民年金保険料を追納するときは、お申込をすることにより、後日、日本年金機構から納付書が郵送されます。
 この場合の納付方法は納付書のみです。他の方法での納付はできませんのでご注意ください。
                                                              ・ 老齢基礎年金を受ける前で、免除・学生納付特例・納付猶予の承認期間から10年以内であれば追納(遡って納付)することができます。
・ 追納した期間は、老齢基礎年金の年金額に反映されます。
・追納する国民年金保険料の額は、免除・学生納付特例・納付猶予が承認された年度から3年度目以降になりますと、当時の保険料の額に政令で定める一定の率をかけた金額になります。

 


関連情報

リンク

 

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム