海外療養費

      
平成13年1月1日から国民健康保険法の一部が改正され、海外で受診したときの療養費の一部が支給されるようになりました。
   
【申請に必要なもの】 
・療養費支給申請書
・診療内容明細書
・領収明細書
・印鑑(朱肉を使うもの) 
・通帳(振込先がわかるもの)
・パスポート(出入国を確認するため)
・調査に関わる同意書                                                        ・個人番号カードまたは通知カード     

 なお、「診療内容明細書」と「領収明細書」が外国語のときは、日本語に翻訳した書類が必要です。 翻訳費用は自己負担となります。


関連情報

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム